【スペック】全長×全幅×全高=4213×1829×1867〜1898mm/ホイールベース=2697mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4 8バルブ・コモンレールディーゼルターボ(105ps/4000rpm、24.5kgm/2000rpm)(欧州仕様車)

ルノー・カングー1.5dCi(FF/6MT)【海外試乗記】

失われなかった10年 2008.07.25 試乗記 ルノー・カングー1.5dCi(FF/6MT)
2007年のフランクフルトショーでデビューした新型「カングー」。ボディサイズが拡大されたことで、その走りの変化が気になるところ。日本導入を待ちきれない筆者は、フランスでその新型に試乗した。

早く乗りたい!

日本に輸入されているルノーでいちばん売れている「カングー」。1997年生まれのこのクルマがなぜいまなお人気なのか。理由はいろいろあるが、そのひとつが長さ約4m、幅5ナンバー枠以内というボディサイズなのは間違いない。

だからこそ、デビュー10年目となる2007年に登場した新型には微妙な気持ちを抱いた人も多いはず。プラットフォームが2世代前の「ルーテシア」から、ひとクラス上の「メガーヌ」や「グランセニック」にスイッチしたことで、全長4213mm、全幅1829mmにも成長してしまった。よって走りが激変している可能性だってある。
となると、なおさら乗ってみたいと思うのが人情。そこでフランスへ行ったおりに広報車を借り出した。

新型のエンジンは1.6リッターのガソリンと1.5リッターdCi(直噴コモンレール式ディーゼルターボ)があり、乗ったのは110psを発生する1.5dCiに、6段MTを組み合わせた仕様だった。
ちなみに、日本導入は、来年になるとか。もちろんガソリンモデルのみだろう。

 
ルノー・カングー1.5dCi(FF/6MT)【海外試乗記】
 
ルノー・カングー1.5dCi(FF/6MT)【海外試乗記】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る