【スペック】全長×全幅×全高=4213×1829×1867〜1898mm/ホイールベース=2697mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4 8バルブ・コモンレールディーゼルターボ(105ps/4000rpm、24.5kgm/2000rpm)(欧州仕様車)

ルノー・カングー1.5dCi(FF/6MT)【海外試乗記】

失われなかった10年 2008.07.25 試乗記 ルノー・カングー1.5dCi(FF/6MT)
2007年のフランクフルトショーでデビューした新型「カングー」。ボディサイズが拡大されたことで、その走りの変化が気になるところ。日本導入を待ちきれない筆者は、フランスでその新型に試乗した。

早く乗りたい!

日本に輸入されているルノーでいちばん売れている「カングー」。1997年生まれのこのクルマがなぜいまなお人気なのか。理由はいろいろあるが、そのひとつが長さ約4m、幅5ナンバー枠以内というボディサイズなのは間違いない。

だからこそ、デビュー10年目となる2007年に登場した新型には微妙な気持ちを抱いた人も多いはず。プラットフォームが2世代前の「ルーテシア」から、ひとクラス上の「メガーヌ」や「グランセニック」にスイッチしたことで、全長4213mm、全幅1829mmにも成長してしまった。よって走りが激変している可能性だってある。
となると、なおさら乗ってみたいと思うのが人情。そこでフランスへ行ったおりに広報車を借り出した。

新型のエンジンは1.6リッターのガソリンと1.5リッターdCi(直噴コモンレール式ディーゼルターボ)があり、乗ったのは110psを発生する1.5dCiに、6段MTを組み合わせた仕様だった。
ちなみに、日本導入は、来年になるとか。もちろんガソリンモデルのみだろう。

 
ルノー・カングー1.5dCi(FF/6MT)【海外試乗記】の画像
 
ルノー・カングー1.5dCi(FF/6MT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る