新型「シボレー・カマロ」、市販バージョンがお披露目

2008.07.24 自動車ニュース

新型「シボレー・カマロ」、市販バージョンがお披露目

GM(ゼネラルモーターズ)は2008年7月21日、米ミシガン州デトロイトで新型「シボレー・カマロ」の市販モデルをお披露目した。

■カマロまでエコがウリ!?

発表会場は、同社デザインセンターのメンテナンスガレージ。決して広いとはいえないスペースに、自動車メディアの50人ほどがすし詰めで待機した。
やがてシャッターが開くと、屋外から真っ赤な新型「カマロ」がガレージ内に進入。担当デザイナーが運転席に乗り込むや、「エクステリアもインテリアも、(世界的に好評だった)コンセプトモデルでの造形を、ほぼそのまま量産化しました!」と主役を解説したのだった……

新型カマロは、2009年初春に製造販売が開始される。3.6リッターV6エンジン搭載の「LS」と「LT」。さらに、ハイパフォーマンスモデルな「SS」をラインナップする。こちらのパワーユニットはコルベットZ06から移植した6.2リッターのLS3(422hp、56.4kgm)で、トランスミッションは6段ATと6段MTが用意される。

これぞアメリカンスポーツ!……と思いきや、原油高の時勢に配慮してか、プレスリリースはマッスルカーイメージを極力控えたもので、代わりに「燃料節約」という言葉が目立った。
V6ユニットは米国燃費基準であるEPAの高速走行値「26mpg」(=11km/リッター)を強調。V8モデルの「SS」には、LS3以外にアクティブフューエルマネージメント(気筒休止システム)をもつL99(400hp、54.5kgm)も登場。これは6段ATのみ設定されるエンジンで、高速走行値「23mpg」(=9.7km/リッター)を声高にアピールする。

■大役なのは間違いない

ところで、現在のアメリカ自動車市場は、70年代のオイルショック以来の「大不況時代」だ。
ここ10年ほど、大型SUVやピックアップトラック販売によって高収益を得てきた北米の“ビッグ3”は、ビジネスモデルの大転換を迫られている。GMは全米各地の工場の閉鎖や休止、大量の雇用削減、「ハマー」などブランドの切り売りを進めている真っ最中。大衆スポーツカー市場に目を向ければ、フォードの「マスタング」を筆頭に、各メーカーの販売実績は今年から大きく落ち込んでいる。

そんな社会事情のもと、新型カマロは誕生した。いや、させられたというべきだろうか。
過去3年間、GMは新型カマロのカウントダウンプロモーションを演出してきた。それをいきなり販売延期などということにすれば、GMのメンツは丸潰れになる。それに、社の上層部には「GM復活のイメージリーダーとしてカマロを活用したい」という思惑もあろう。シボレー部門関係者たちは「ダッジ・チャレンジャーをブチ負かしたい!」という欲望も強いはず。いまが大衆スポーツカーにとって厳しい時代であることを百も承知で、新型カマロを誕生させざるを得なかったわけだ。

ライバルだって多い。今年のロサンゼルスショー(プレスデー初日の11月19日)では、新型「ニッサン370Z」すなわち新型「フェアレディZ」の登場が確実視されている。今年7月に北米でも発売が始まった「GT-R(R35)」は、ハイパフォーマンスな「SS」とガチンコだ。

「60年代回帰」を謳う新型カマロは、確かに“造形物としては”かなりカッコイイ。だが、現代社会では60年代当時のようなマッスルカーイメージの一辺倒は通用しない。アメリカンスポーツカーが今後、生き延びることが出来るのか、それともあっさり死滅してしまうのか……全ては、前途多難な(?)カマロの今後にかかっていると思われる。

(文=桃田健史(IPN)/写真=GM)

「シボレー・カマロSS」。V8を搭載するトップグレードだ。
新型「シボレー・カマロ」、市販バージョンがお披露目

新型「シボレー・カマロ」、市販バージョンがお披露目

新型「シボレー・カマロ」、市販バージョンがお披露目
上3点の写真は、コンセプトモデルのもの。市販バージョンもほぼ変わらぬ仕上がりとなった。
新型「シボレー・カマロ」、市販バージョンがお披露目

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カマロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載NEW 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
ホームへ戻る