新型「シボレー・カマロ」、市販バージョンがお披露目

2008.07.24 自動車ニュース

新型「シボレー・カマロ」、市販バージョンがお披露目

GM(ゼネラルモーターズ)は2008年7月21日、米ミシガン州デトロイトで新型「シボレー・カマロ」の市販モデルをお披露目した。

■カマロまでエコがウリ!?

発表会場は、同社デザインセンターのメンテナンスガレージ。決して広いとはいえないスペースに、自動車メディアの50人ほどがすし詰めで待機した。
やがてシャッターが開くと、屋外から真っ赤な新型「カマロ」がガレージ内に進入。担当デザイナーが運転席に乗り込むや、「エクステリアもインテリアも、(世界的に好評だった)コンセプトモデルでの造形を、ほぼそのまま量産化しました!」と主役を解説したのだった……

新型カマロは、2009年初春に製造販売が開始される。3.6リッターV6エンジン搭載の「LS」と「LT」。さらに、ハイパフォーマンスモデルな「SS」をラインナップする。こちらのパワーユニットはコルベットZ06から移植した6.2リッターのLS3(422hp、56.4kgm)で、トランスミッションは6段ATと6段MTが用意される。

これぞアメリカンスポーツ!……と思いきや、原油高の時勢に配慮してか、プレスリリースはマッスルカーイメージを極力控えたもので、代わりに「燃料節約」という言葉が目立った。
V6ユニットは米国燃費基準であるEPAの高速走行値「26mpg」(=11km/リッター)を強調。V8モデルの「SS」には、LS3以外にアクティブフューエルマネージメント(気筒休止システム)をもつL99(400hp、54.5kgm)も登場。これは6段ATのみ設定されるエンジンで、高速走行値「23mpg」(=9.7km/リッター)を声高にアピールする。

■大役なのは間違いない

ところで、現在のアメリカ自動車市場は、70年代のオイルショック以来の「大不況時代」だ。
ここ10年ほど、大型SUVやピックアップトラック販売によって高収益を得てきた北米の“ビッグ3”は、ビジネスモデルの大転換を迫られている。GMは全米各地の工場の閉鎖や休止、大量の雇用削減、「ハマー」などブランドの切り売りを進めている真っ最中。大衆スポーツカー市場に目を向ければ、フォードの「マスタング」を筆頭に、各メーカーの販売実績は今年から大きく落ち込んでいる。

そんな社会事情のもと、新型カマロは誕生した。いや、させられたというべきだろうか。
過去3年間、GMは新型カマロのカウントダウンプロモーションを演出してきた。それをいきなり販売延期などということにすれば、GMのメンツは丸潰れになる。それに、社の上層部には「GM復活のイメージリーダーとしてカマロを活用したい」という思惑もあろう。シボレー部門関係者たちは「ダッジ・チャレンジャーをブチ負かしたい!」という欲望も強いはず。いまが大衆スポーツカーにとって厳しい時代であることを百も承知で、新型カマロを誕生させざるを得なかったわけだ。

ライバルだって多い。今年のロサンゼルスショー(プレスデー初日の11月19日)では、新型「ニッサン370Z」すなわち新型「フェアレディZ」の登場が確実視されている。今年7月に北米でも発売が始まった「GT-R(R35)」は、ハイパフォーマンスな「SS」とガチンコだ。

「60年代回帰」を謳う新型カマロは、確かに“造形物としては”かなりカッコイイ。だが、現代社会では60年代当時のようなマッスルカーイメージの一辺倒は通用しない。アメリカンスポーツカーが今後、生き延びることが出来るのか、それともあっさり死滅してしまうのか……全ては、前途多難な(?)カマロの今後にかかっていると思われる。

(文=桃田健史(IPN)/写真=GM)

「シボレー・カマロSS」。V8を搭載するトップグレードだ。
「シボレー・カマロSS」。V8を搭載するトップグレードだ。

新型「シボレー・カマロ」、市販バージョンがお披露目の画像

新型「シボレー・カマロ」、市販バージョンがお披露目の画像
上3点の写真は、コンセプトモデルのもの。市販バージョンもほぼ変わらぬ仕上がりとなった。
上3点の写真は、コンセプトモデルのもの。市販バージョンもほぼ変わらぬ仕上がりとなった。

関連キーワード:
カマロシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第470回:怒涛の“アメ車愛”が炸裂!
    プチオーナー体験で感じた新型「カマロ」の魅力を語り尽くす
    2018.1.15 エディターから一言 怒涛(どとう)の大排気量V8エンジンを搭載したアメリカンマッスルカー「シボレー・カマロSS」がwebCG編集部にやってきた! 自身もアメリカ車を所有するwebCGほったが、1泊2日のプチオーナー体験で得た感想を、シボレーに対する愛をぶちまける。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
ホームへ戻る