【スペック】全長×全幅×全高=4570×1760×1490mm/ホイールベース=2635mm/車重=1530kg/駆動方式=4WD/2.0リッター直列4DOHC16バルブ・ターボ(240ps/6000rpm、35.0kgm/3000rpm)/価格=298万2000円(テスト車=343万3500円/リアスポイラー=4万2000円/7インチワイドモニターHDDナビゲーション+ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム=32万5500円/サイドカーテンエアバッグ=8万4000円)

三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)【試乗速報】

エボとは似て非なる存在 2008.07.24 試乗記 三菱ギャラン・フォルティス ラリーアート(4WD/6AT)
……343万3500円


ギャラン・フォルティスの最上級グレードとして、ランエボ譲りのメカを一部採用し誕生した「ラリーアート」。それはランエボともまた違うクルマに仕上がっていた。

ランエボと何が違う?

「ランエボで〜す!」と紹介したら8割以上の人が信じるんじゃないかと思えるくらい姿形がそっくりなこのクルマ。このモデルこそ、以前から登場が噂され、このたびギャラン・フォルティスの最上級グレードとしてラインアップに加わった「ギャラン・フォルティス ラリーアート」だ。

ギャラン・フォルティスのアイデンティティといえば、伝統の逆スラントノーズと台形のラジエターグリル。三菱はこのグリルを“ジェットファイターグリル”と呼んでいるが、その外周をメッキで囲んだら、まんまとランエボ風に仕上がった。さらに、風通しが良さそうなアルミ製ボンネットとともに、2リッターの直列4気筒ターボやACD(アクティブ・センター・ディファレンシャル)によるフルタイム4WD、ツインクラッチSSTなど、ランエボを特徴づけるアイテムをちゃっかり手にしている。 こうなると、「ランエボはほしいけど、あの硬い乗り心地はちょっと」とか「ギャラン・フォルティスがもう少しスポーティだったら……」と、これまで購入に二の足を踏んでいた人は気が気でないはず。ツインクラッチSST搭載のランエボGSRの375万600円と比べ、約77万円安い価格も魅力的だ。

ではいったい、ギャラン・フォルティス ラリーアートとランエボは何が違うのだろうか?

ワイドフェンダーのランエボと比べると、標準ボディのラリーアートは全幅が50mmスリム。だが、見た目の印象ではその差は感じない。
ワイドフェンダーのランエボと比べると、標準ボディのラリーアートは全幅が50mmスリム。だが、見た目の印象ではその差は感じない。
ノーズ上端の張り出しが40mmほど前方に突き出た専用グリルにより、伸びやかなスタイルが追求されたラリーアート(左)。写真は、ランエボ(右)との比較。
ノーズ上端の張り出しが40mmほど前方に突き出た専用グリルにより、伸びやかなスタイルが追求されたラリーアート(左)。写真は、ランエボ(右)との比較。
ホイールベースはランエボよりも15mm短い。
ホイールベースはランエボよりも15mm短い。
関連記事 ホームへ戻る