ブリヂストンが低燃費タイヤの新商品を発表

2012.01.11 自動車ニュース

ブリヂストンが低燃費タイヤの新商品を発表

ブリヂストンは、2012年1月11日、低燃費タイヤ「ECOPIA(エコピア)」シリーズの新商品「エコピアPZ-X」「エコピアPZ-XC」「エコピアPRV」を発表。同年2月1日に発売する。

■目指したのは“エコ・ラク”性能

「エコピア」といえば、ブリヂストンの低燃費タイヤとしておなじみのブランドだが、環境性能の高いタイヤをより幅広い層に提供すべく、新たに市場に投入するのが「エコピアPZ-X」「エコピアPZ-XC」「エコピアPRV」だ。これら3商品はいずれも、低燃費タイヤ「エコピアEP100」が誇る高い環境性能と、「プレイズ」シリーズのウリである“ドライブがラク”という性能を併せ持つのが特徴だ。

これまでのプレイズシリーズ同様、車種ごとに異なる商品を用意。セダン/クーペ用がエコピアPZ-X(全43サイズ)、軽/コンパクトカー用がエコピアPZ-XC(26サイズ)、ミニバン用がエコピアPRV(26サイズ)となる。これにともない、EP100とプレイズは統合されて、これら3商品に置き換わることになる(プレイズRVは存続)。

もちろん、新シリーズへの移行にあたっては転がり抵抗をさらに低減している。従来のプレイズに対して27〜37%の低減を図るとともに、EP100(ミニバン用はEP100Sで比較)に対しても3〜13%の性能アップを実現した。ラベリング制度における転がり抵抗性能は、全95サイズ中33サイズで最高級の「AAA」を取得している。一方、ウエット性能は、EP100/EP100S同等のレベルを確保した。

■エコ・ラクを実現するテクノロジー

低燃費性能を向上するために、エコピアPZ-X/PZ-XC/PRVには新開発の「新エコピアコンパウンド」を採用している。これまでのエコピアでは、「ナノプロ・テック」により、トレッドゴムの発熱を抑えて、転がり抵抗を低減するとともに、不安のないウェットグリップを実現してきた。新商品ではさらに進化した「ナノプロ・テック微粒径シリカ配合ゴム」を採用することで、これまで以上にエネルギーロスを減らしながら十分な耐摩耗性を確保したという。

タイヤの形状については、エコピアEP100がサイドを丸くしてストレスを分散し発熱を抑える形状を採用。一方のプレイズは内側がやや立った左右非対称形状とすることで外乱の影響を抑え、ラクな運転を実現してきた。新商品ではこのふたつの特徴を併せ持つ「非対称エコ形状」を開発し、低燃費と走行安定性の両立を図っている。

さらに新商品では、プレイズでの経験を生かし、ショルダーブロックの形状を専用設計するなどして車種ごとに特性を変更。例えば、セダン/クーペ用では耐摩耗性と操縦安定性を重視したパターン、軽/コンパクトカー用では外側だけが減る偏摩耗(肩減り)を抑えるパターンを採用。また、ミニバン用では内側の剛性を高めるパターンとすることで、ふらつきを抑えている。

■快適なエコタイヤ

発表会場では“体感試乗会”も行われた。試乗車の「トヨタ・マークX」に装着されていたのは、転がり抵抗性能「AAA」、215/60R16サイズのエコピアPZ-X。東京のお台場周辺の一般道を走行したが、低燃費タイヤらしく、タイヤの転がり出しが軽やかで、また、アクセルをオフしたときの速度の落ちも緩やか。それは当然のこととして、エコピアPZ-Xは路面の荒れを見逃してしまうほど乗り心地が快適で、静粛性もまずまず。ステアリングには落ち着きがあり、これなら長距離ドライブでも“ラク”ができそうだ。

発表会の冒頭、ブリヂストン代表取締役専務執行委員の西海和久氏は「低燃費性能はもはやあたりまえの性能としてとらえ、さらに上の価値をお客さまにお届けしたい。多様化するお客さまのニーズに応え、付加価値をプラスしていくこと……それが私たちが目指す低燃費タイヤの次のステージです」と述べた。
新しいエコピアはそのファーストステップを踏み出すのにふさわしい性能の持ち主といっていいだろう。

(文=生方聡/写真=生方聡、ブリヂストン)

発表会にゲストで登場した中井美穂さん(左)とブリヂストンタイヤジャパンの清水実社長(右)。
ブリヂストンが低燃費タイヤの新商品を発表
「エコピアPZ-X」
ブリヂストンが低燃費タイヤの新商品を発表
「エコピアPZ-XC」
ブリヂストンが低燃費タイヤの新商品を発表
「エコピアPRV」
ブリヂストンが低燃費タイヤの新商品を発表

ブリヂストンが低燃費タイヤの新商品を発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。