「ヒュンダイi30」、日本で販売開始

2008.07.23 自動車ニュース

「ヒュンダイi30」、日本で販売開始

ヒュンダイモータージャパンは、コンパクトハッチバック「i30」(アイサーティ)を2008年7月19日に発売した。

i30」は、「エラントラ」の後継となるモデルだ。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4245×1775×1480mm、ホイールベース=2650mm。いわゆるCセグメントに属するハッチバックで、「トヨタ・オーリス」「マツダ・アクセラ」「フォルクスワーゲン・ゴルフ」などが直接のライバルとなる。

日本に導入されるのは、1.6リッター直4ユニット(126ps/6300rpm、15.6kgm/4200rpm)を搭載する「1.6GL」と、2リッター版(143ps/6000rpm、19.0kgm/4600rpm)の「2.0GLS」。どちらもレギュラーガソリン仕様で、トランスミッションは4段ATを組み合わせる。

「単に性能やスペック競争をするのではなく、愛着のあるハッチバックを目指した」という同車は装備面も自慢で、フルオートエアコン、キーレスエントリーシステム、iPod接続機能付きのプレミアムサウンドシステムなどが標準で備わる。

さらに、エアバッグは標準で6つ(フロント+サイド+カーテンエアバッグの左右ペア)。フロントアクティブヘッドレストを備え、後席シートベルト着用義務化にともない全席を着用警告付きとするなど、安全にも配慮された。

価格は、「1.6GL」が177万4500円で、「2.0GLS」が207万9000円。銀、青、赤、黒系の4色でラインナップする。

(webCG 関)

写真は2007年10月、東京モーターショーに登場したときの「i30」。
「ヒュンダイi30」、日本で発売開始

「ヒュンダイi30」、日本で発売開始
「i30」のインプレッションはコチラから
「ヒュンダイi30」、日本で発売開始

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i30の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る