【スペック】全長5180mm/ホイールベース=3450mm/車重=1700kg/駆動方式=FR/1.8リッター直列4気筒HCCIターボ(238ps、40.8kgm)

メルセデス・ベンツF700(FR/7AT)【海外試乗記】

これが未来のSクラス!? 2008.07.23 試乗記 メルセデス・ベンツF700(FR/7AT)



メルセデス・ベンツが最先端技術を結集し、作り上げたリサーチカー「F700」。それは、未来が近づいてきていることを実感させるクルマだった。

理想のエンジン「ディゾット」

大型高級乗用車の分野でサスティナブル・モビリティを実現し、同時に快適性の新たな指標を打ち立てるべく開発されたメルセデス・ベンツのリサーチカーが「F700」である。このF700、昨年の東京モーターショーでも展示されていたが、見た目だけではその真価はなかなか理解しづらかったかもしれない。メルセデスも、それは承知だったのだろう。何と世界のジャーナリストに、この「未来のクルマ」を試乗する機会を設けてくれたのだ。

そこに投入されたテクノロジーのうち、まず最初に触れるべきは“DIESOTTO”=ディゾットと呼ばれるエンジンだろう。その体躯に似合わぬ、直列4気筒1.8リッターのこのエンジンには革新の内容が詰まっている。ガソリン直噴、可変バルブタイミング&リフト、可変圧縮比、2ステージターボ、マイルドハイブリッド……と、採用されたテクノロジーを挙げていくとキリが無いのだが、なかでも注目は、その燃焼方式である。  

通常の直噴ガソリンエンジンは、空気を吸入して圧縮、燃料を噴射して、そこにスパークプラグで点火するが、ディゾットは燃焼室内に吸気行程で燃料を噴射し、その混合気を圧縮することで自着火させている。この点はディーゼルのそれに近い。ディゾットの名は、実はプラグを使わないDIESEL(=ディーゼル)と、燃料を予め混合させるOTTO(=オットーサイクル)を組み合わせた造語なのだ。 

(低負荷・低回転域では)スパークプラグ点火を行わない自着火で燃焼する。この点はディーゼルと同じ。違うのは、着火時点で均質な混合気を作り出している点だ。この“予混合”を行い、均質な燃焼を実現するのがディゾットの特徴。
メルセデス・ベンツ F700(FR/7AT)【海外試乗記】
安全、空力、快適など、さまざまな要素からその形状を導き出したと思われる、未来のフラッグシップを想定したボディ。
メルセデス・ベンツ F700(FR/7AT)【海外試乗記】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。