「スバル・エクシーガ」、人気らしいがその内訳は……?

2008.07.22 自動車ニュース

「スバル・エクシーガ」、人気らしいがその内訳は……?

富士重工業は2008年7月18日、新型の多人数乗用車「エクシーガ」が、発売1カ月で4657台を受注したと発表した。

エクシーガは、国内ではスバル唯一の7シーター。6月17日の発売からちょうど1カ月で、当初の月間目標販売台数(2300台)の2倍を超える4657台を受注。好調な滑り出しだという。

購入者の年齢層は、小さな子供がいるファミリー向けということもあってか、30代(44.5%)と40代(26.4%)が多くを占める。

グレード別に見ると、一番人気はターボの「2.0GT」で全体の43.2%。NAを見ても「2.0i-S」(29.5%)、「2.0i-L」(23.5%)、「2.0i」(3.8%)とスポーティグレードが支持されている。同社によれば「受注初期では上級グレードに人気が集まる傾向がある」とのこと。「スバル車の走りに対する期待の大きさを改めて表す結果」とも分析する。

駆動方式は、FFと4WDが選べるNAモデルでは、45:55の割合で4WDがわずかにリード。人気のターボモデルにFFがないため、全体的な4WD支持率は74.3%にアップする。

なおボディカラーは、「サテンホワイトパール」が1位(22.7%)で「オブシディアンブラックパール」が2位(19.9%)。「スパークシルバーメタリック」(16.2%)が続き、イメージカラーの「サファイアブルーパール」は4位(13.8%)となっている。

(webCG 関)

写真は、一番の人気色「サテンホワイトパール」のエクシーガ。
写真は、一番の人気色「サテンホワイトパール」のエクシーガ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクシーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る