スバル、「サンバー」シリーズを一部変更

2008.07.22 自動車ニュース

スバル、「サンバー」シリーズを一部変更

富士重工業は、軽自動車「サンバー」シリーズに改良を施し、2008年7月18日に発売した。

キャブオーバー型の「ディアスワゴン」にフロントバンパープロテクタやシートベルトリマインダーを装備し、安全性の向上を図った。さらに、新色のスターリングシルバーを追加した。
価格は、ディアスワゴンの119万3850円(RR/5MT)からディアスワゴン・スーパーチャージャーの159万4950円(4WD/3AT)まで。

商用車のトラックについても、基本装備を充実させた。上級グレードの「TC」シリーズにメッキタイプのフロントグリルやCDプレーヤー&チューナー一体オーディオ、パワーウィンドウなどを装備。ベーシックな「TB」でも、チューナーオーディオや新しいシート表皮(ビニールレザー)を採用した。

(webCG 関)

「スバル・ディアスワゴン・スーパーチャージャー」
「スバル・ディアスワゴン・スーパーチャージャー」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る