第50回:がんばれ! アマゾン夫妻 −「クルマ」が縁で生まれたつながり

2008.07.19 エッセイ

第50回:がんばれ! アマゾン夫妻 「クルマ」が縁で生まれたつながり

クルマになんか乗れない!

イタリアではレギュラーガソリン価格が1.5ユーロを超えた。円換算すると260円以上になる。さらにこの国ではディーゼル車が多いことから、ここのところ軽油もレギュラーガソリンと同じ値段に設定されるのが当たり前になってしまった。

こうなると、クルマでの移動回数は極力減らすしかない。我が家も買い物はバスで済ませるようになった。
まあ、ボクはもともと公共交通機関で行けるところに自家用車で行くのは嫌いだったので苦はないのだが、やはりクルマから遠ざかるのは寂しいものがある。

近づく灰色の物体

そうした中、ふと思い出した。パリのボルボオーナー、クロード氏のこと。

始まりは2年前のちょうど今ごろである。南仏サントロペで夏休みを過ごしたときのことだ。

女房から言いつかった買い出しのため近くの町で路上駐車をしていたら、ルームミラーに不気味なグレーの物体が映った。それはみるみる大きくなっていった。ボクは身構えた。松本零士のアニメなら戦闘態勢に入っていただろうが、そうもできない。
落ち着いて見ると、「ボルボ・アマゾン」であった。

1956年から70年にわたり生産され、今日まで続くボルボの堅牢性を世界に知らしめたモデルである。

度重なる切り返しで縦列駐車を達成したあと、トライバーズシートからゆっくりと降りてきたのは一人のお年寄りだった。

ボクが「ボンジュール。何年型ですか?」
と聞くと、お年寄りは「1963年ですよ」と教えてくれた。
彼も奥さんの代わりに買い出しに来たらしい。
ということは43年乗っていることになる。すでに60万キロを走破しているという。機構と関係ない塗装などには、一切手をつけていないようだ。見栄えを気にせぬ、潔いまでのクルマとの付き合い方である。

さらに驚いたのは彼は、なんとパリからそのクルマでヴァカンス村に来たのだという。たしかにナンバーはパリ郊外のものだし、それも昔のデザインである。加えて「ずっとこのクルマで、毎年来てますよ」と言うではないか。コートダジュールとパリは往復1800kmもあるのに。

クロードという名のそのお年寄りは、運転席を見せてくれたあと、
「今度パリに来たら、遊びにいらっしゃい」と言って住所を残してくれた。

クロード・ショプレ氏と1963年型「ボルボ・アマゾン122S」。
クロード・ショプレ氏と1963年型「ボルボ・アマゾン122S」。
ホイールキャップのサインはV!。
ホイールキャップのサインはV!。
クロード氏が対面し続けたダッシュボード。
クロード氏が対面し続けたダッシュボード。
内装も張り替えていない。
内装も張り替えていない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。