サプライズで「MiTo」も登場! アルファ・サウンドの宵

2008.07.18 自動車ニュース

サプライズで「MiTo」も登場! アルファ・サウンドの宵

2008年7月17日、東京の青山で、同月30日にリリースされるアルファ・ロメオの世界観を表現した日本発のコンピレーションCD『Alfa Sound I』の発売記念パーティが開かれた。

■乗っているかのような臨場感

アルファ・ロメオとしては初の試みとなるこの『Alfa Sound I』は、アルファの魂と息吹を体感できるようなエモーショナルな楽曲全14曲に、8Cコンペティツィオーネのメカニカルおよびエグゾーストサウンドとイタリアの街のノイズをミックスした作品である。

選曲とミックスを担当したのは、世界的に有名な日本人DJの松浦俊夫氏。彼自身がバロッコのテストコースで「アルファ8Cコンペティツィオーネ」のステアリングを握り、その場で浮かんだインスピレーションをもとに音楽をセレクト。街のノイズも実際に松浦氏がミラノの街を巡り、収録したという。

あたかも8Cコンペティツィオーネのコクピットに収まっているかのような臨場感でリスナーを包み込む『Alfa Sound I』。パーティでは松浦氏自らDJブースに立ってそのサウンドを披露したが、会場内が盛り上がったところで、サプライズとしてこれまた本邦初公開となる「MiTo」の実車が登場。来場者の注目を一身に集めていた。

(文と写真=田沼 哲)

先月本国で正式発表されたばかりの「MiTo」が、パーティ会場に降臨。実車は写真で見る以上にスタイリングに「塊」感があった。しかし、日本のナンバープレートを装着するのは大変そうだ。
先月本国で正式発表されたばかりの「MiTo」が、パーティ会場に降臨。実車は写真で見る以上にスタイリングに「塊」感があった。しかし、日本のナンバープレートを装着するのは大変そうだ。
『Alfa Sound I  compiled and mixed by Toshio Matsuura Featuring 8C competizione 』
価格:2800円(税込)
正規ディーラーをはじめ、全国のレコードショップ、インテリアショップなどで発売
『Alfa Sound I  compiled and mixed by Toshio Matsuura Featuring 8C competizione 』
価格:2800円(税込)
正規ディーラーをはじめ、全国のレコードショップ、インテリアショップなどで発売
CDの全楽曲と8Cコンペティツィオーネ、33ストラダーレおよび8C2300ルマンのエンジンサウンドなどをUSBメモリーに収録した、8Cコンペティツィオーネと同じ限定500個シリアルナンバー入りの『Alfa Sound I Limited Edition USBメモリー』
価格:8400円(税込)
※HMV渋谷店、HMVオンラインストアの10周年を記念しての先行予約販売のみ
CDの全楽曲と8Cコンペティツィオーネ、33ストラダーレおよび8C2300ルマンのエンジンサウンドなどをUSBメモリーに収録した、8Cコンペティツィオーネと同じ限定500個シリアルナンバー入りの『Alfa Sound I Limited Edition USBメモリー』
価格:8400円(税込)
※HMV渋谷店、HMVオンラインストアの10周年を記念しての先行予約販売のみ
パーティ会場のDJブースには、コンパイルを手がけた松浦俊夫氏の姿も。
パーティ会場のDJブースには、コンパイルを手がけた松浦俊夫氏の姿も。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る