サプライズで「MiTo」も登場! アルファ・サウンドの宵

2008.07.18 自動車ニュース

サプライズで「MiTo」も登場! アルファ・サウンドの宵

2008年7月17日、東京の青山で、同月30日にリリースされるアルファ・ロメオの世界観を表現した日本発のコンピレーションCD『Alfa Sound I』の発売記念パーティが開かれた。

■乗っているかのような臨場感

アルファ・ロメオとしては初の試みとなるこの『Alfa Sound I』は、アルファの魂と息吹を体感できるようなエモーショナルな楽曲全14曲に、8Cコンペティツィオーネのメカニカルおよびエグゾーストサウンドとイタリアの街のノイズをミックスした作品である。

選曲とミックスを担当したのは、世界的に有名な日本人DJの松浦俊夫氏。彼自身がバロッコのテストコースで「アルファ8Cコンペティツィオーネ」のステアリングを握り、その場で浮かんだインスピレーションをもとに音楽をセレクト。街のノイズも実際に松浦氏がミラノの街を巡り、収録したという。

あたかも8Cコンペティツィオーネのコクピットに収まっているかのような臨場感でリスナーを包み込む『Alfa Sound I』。パーティでは松浦氏自らDJブースに立ってそのサウンドを披露したが、会場内が盛り上がったところで、サプライズとしてこれまた本邦初公開となる「MiTo」の実車が登場。来場者の注目を一身に集めていた。

(文と写真=田沼 哲)

先月本国で正式発表されたばかりの「MiTo」が、パーティ会場に降臨。実車は写真で見る以上にスタイリングに「塊」感があった。しかし、日本のナンバープレートを装着するのは大変そうだ。
先月本国で正式発表されたばかりの「MiTo」が、パーティ会場に降臨。実車は写真で見る以上にスタイリングに「塊」感があった。しかし、日本のナンバープレートを装着するのは大変そうだ。
『Alfa Sound I  compiled and mixed by Toshio Matsuura Featuring 8C competizione 』
価格:2800円(税込)
正規ディーラーをはじめ、全国のレコードショップ、インテリアショップなどで発売
『Alfa Sound I  compiled and mixed by Toshio Matsuura Featuring 8C competizione 』
価格:2800円(税込)
正規ディーラーをはじめ、全国のレコードショップ、インテリアショップなどで発売
CDの全楽曲と8Cコンペティツィオーネ、33ストラダーレおよび8C2300ルマンのエンジンサウンドなどをUSBメモリーに収録した、8Cコンペティツィオーネと同じ限定500個シリアルナンバー入りの『Alfa Sound I Limited Edition USBメモリー』
価格:8400円(税込)
※HMV渋谷店、HMVオンラインストアの10周年を記念しての先行予約販売のみ
CDの全楽曲と8Cコンペティツィオーネ、33ストラダーレおよび8C2300ルマンのエンジンサウンドなどをUSBメモリーに収録した、8Cコンペティツィオーネと同じ限定500個シリアルナンバー入りの『Alfa Sound I Limited Edition USBメモリー』
価格:8400円(税込)
※HMV渋谷店、HMVオンラインストアの10周年を記念しての先行予約販売のみ
パーティ会場のDJブースには、コンパイルを手がけた松浦俊夫氏の姿も。
パーティ会場のDJブースには、コンパイルを手がけた松浦俊夫氏の姿も。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る