【スペック】SLK350:全長×全幅×全高=4110×1810×1300mm/ホイールベース=2430mm/車重=1500kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6SOHC24バルブ(305ps/6500rpm、36.7kgm/4900rpm)/価格=743万円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツSLK200コンプレッサー(FR/5AT)/SLK350(FR/7AT)【試乗記】

悩ましい価格差 2008.07.18 試乗記 メルセデス・ベンツSLK200コンプレッサー(FR/5AT)/SLK350(FR/7AT)……605万円/743万円
4年ぶりのフェイスリフトとはいえ、外観のデザイン変更のほか、内装、エンジンにいたるまで手が加えられた「SLK」。エンジン違いの2台に試乗。その印象は。

進化するR171型SLK

メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」と同時期にマイナーチェンジを実施した「SLK」が、早くも日本に上陸した。デビュー7年目にしてフルモデルチェンジ級の変身を遂げたSLに比べると、SLKの変貌はずいぶんとおとなしいものだ。それでも、「ハ」の字型のフロントスカートやディフューザーデザインのリアスカートなど、スパイスの利いたモディファイによって精悍さがグッとアップしたのは、写真から想像する以上。

一方、インテリアは、ステアリングホイールのデザインが変更されたほか、速度計と回転計、そして燃料計やアナログ時計にクロームの太いリングが施されるなど、さりげなくスポーティさを増している。カーナビが地デジ対応のHDDタイプにグレードアップされたのは、日本市場への対応が早いメルセデスらしい。

新たに導入された機構としては、ダイレクトステアリングが挙げられる。これは、舵角に応じてステアリングギア比を変える、いわゆる可変ギアレシオ機構で、中立付近はスローとする一方、舵角が増えると2段階にギア比をクイックにするというものだ。これに車速感応式パワーステアリングを組み合わせることで、高速走行時の安定性と、ワインディングロードでのレスポンス、車庫入れ時の容易さを両立させている。BMWのアクティブステアリングやアウディのダイナミックステアリングなどとは別の機構で、自然なフィーリングが魅力である。

ラインナップは「SLK200コンプレッサー」と「SLK350」。これに「SLK55AMG」のあわせて計3モデルが用意される。

SLK350のインテリア。パドルシフト付きの本革巻き3スポークステアリングや、電動ランバーサポート、エアスカーフが標準装備される。
SLK350のインテリア。パドルシフト付きの本革巻き3スポークステアリングや、電動ランバーサポート、エアスカーフが標準装備される。
SLK200コンプレッサを運転する自動車ジャーナリストの生方聡。ヘッドレストには、首回りを暖めるエアスカーフが備わるが、このモデルでは本革シートとセットオプションとなる。
SLK200コンプレッサを運転する自動車ジャーナリストの生方聡。ヘッドレストには、首回りを暖めるエアスカーフが備わるが、このモデルでは本革シートとセットオプションとなる。

メルセデス・ベンツSLK200コンプレッサー(FR/5AT)/SLK350(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る