【スペック】SLK350:全長×全幅×全高=4110×1810×1300mm/ホイールベース=2430mm/車重=1500kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6SOHC24バルブ(305ps/6500rpm、36.7kgm/4900rpm)/価格=743万円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツSLK200コンプレッサー(FR/5AT)/SLK350(FR/7AT)【試乗記】

悩ましい価格差 2008.07.18 試乗記 メルセデス・ベンツSLK200コンプレッサー(FR/5AT)/SLK350(FR/7AT)……605万円/743万円
4年ぶりのフェイスリフトとはいえ、外観のデザイン変更のほか、内装、エンジンにいたるまで手が加えられた「SLK」。エンジン違いの2台に試乗。その印象は。

進化するR171型SLK

メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」と同時期にマイナーチェンジを実施した「SLK」が、早くも日本に上陸した。デビュー7年目にしてフルモデルチェンジ級の変身を遂げたSLに比べると、SLKの変貌はずいぶんとおとなしいものだ。それでも、「ハ」の字型のフロントスカートやディフューザーデザインのリアスカートなど、スパイスの利いたモディファイによって精悍さがグッとアップしたのは、写真から想像する以上。

一方、インテリアは、ステアリングホイールのデザインが変更されたほか、速度計と回転計、そして燃料計やアナログ時計にクロームの太いリングが施されるなど、さりげなくスポーティさを増している。カーナビが地デジ対応のHDDタイプにグレードアップされたのは、日本市場への対応が早いメルセデスらしい。

新たに導入された機構としては、ダイレクトステアリングが挙げられる。これは、舵角に応じてステアリングギア比を変える、いわゆる可変ギアレシオ機構で、中立付近はスローとする一方、舵角が増えると2段階にギア比をクイックにするというものだ。これに車速感応式パワーステアリングを組み合わせることで、高速走行時の安定性と、ワインディングロードでのレスポンス、車庫入れ時の容易さを両立させている。BMWのアクティブステアリングやアウディのダイナミックステアリングなどとは別の機構で、自然なフィーリングが魅力である。

ラインナップは「SLK200コンプレッサー」と「SLK350」。これに「SLK55AMG」のあわせて計3モデルが用意される。

SLK350のインテリア。パドルシフト付きの本革巻き3スポークステアリングや、電動ランバーサポート、エアスカーフが標準装備される。
SLK350のインテリア。パドルシフト付きの本革巻き3スポークステアリングや、電動ランバーサポート、エアスカーフが標準装備される。
SLK200コンプレッサを運転する自動車ジャーナリストの生方聡。ヘッドレストには、首回りを暖めるエアスカーフが備わるが、このモデルでは本革シートとセットオプションとなる。
SLK200コンプレッサを運転する自動車ジャーナリストの生方聡。ヘッドレストには、首回りを暖めるエアスカーフが備わるが、このモデルでは本革シートとセットオプションとなる。

メルセデス・ベンツSLK200コンプレッサー(FR/5AT)/SLK350(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る