第366回:初夏のイタリア直送便!
 「フィアット500アバルト」緊急インプレッション

2008.07.17 エッセイ

第366回:初夏のイタリア直送便! 「フィアット500アバルト」緊急インプレッション

結構気合いが入ってる

なぜか知らねど、珍しくフィアットに呼ばれて、イタリアはトリノで行われた新型「フィアット500アバルト」の試乗会に行ってまいりましたっ! 日本上陸は来年春以降ってことなんだけど、人気沸騰必至なんで乗った翌日、さっそく現地からお届けしちゃいましょう!

さて、「アバルト」っていえば、俺なんかより読者のみなさんの方がよく知ってるとは思うけど、いわば「メルセデス」にとっての「AMG」であり、「BMW」にとっての「アルピナ」であり、「ホンダ」にとっての「無限」みたいなもん。ようするにお抱えチューニングブランドだ。

そもそもは元レーシングライダーのカルロ・アバルトって人が、1950年代からフィアットベースのチューニングを始め、レースで勝ちまくった上にクルマがカッコ良かったから、人気を博してしまい、そのうちフィアット傘下に入り、“お抱え”になってしまったという図式。中でもヌオーバ500、つまり2代目チンクエチェントのアバルトチューンは世界的に有名で、いつしか伝説になったと。たぶんね。
その後徐々に形骸化してオリジナル性は薄れ、たんなるバッジチューン車になりはててた。しかし2007年、30年ぶりにフィアット500が復活! それをきっかけに、アバルトも復活、それもご丁寧にフィアットとは別会社化され、かなり本格的なアバルト仕様が登場してきたってわけ。

それだけに今回の新型500アバルトは結構気合いが入ってる。エンジンは1.4リッター直4DOHCをベースにボルトオンターボで135psにまでパワーアップ。それ単体ではそれほどでもないんだけど、足まわりからスタビライザーからタイヤから内外装に至るまで専用チューンが施され、総合的に別物のようになってる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』