新型「プジョー308CC」のオフィシャル写真公開

2008.07.16 自動車ニュース

新型「プジョー308CC」のオフィシャル写真公開

仏プジョーは、307CCの次期モデル「308CC」のオフィシャル写真を公開した。

■約5年ぶりの全面改良

プジョー308シリーズのオープンバージョン「308CC」が本国で発表された。プジョーが2シリーズと3シリーズに展開する「CC」ことクーペカブリオレ・シリーズは、これまでに計45万7000台を販売。この市場は、通常のハッチバックやセダンより圧倒的に小さいことを考えると、大ヒットといえるだろう。

2シリーズの方は、2007年に「206CC」から「207CC」へと進化した。それから遅れること1年、3シリーズの方も「307CC」から「308CC」へと移行。2代目が2008年秋のパリサロンで正式デビューを飾ることとなった。

207CCと307CCの棲み分けはこれまで通り。すなわち207CCが2+2シーター、308CCはフル4シーターという位置づけだ。また、308CCは装備も上級モデルにふさわしく充実しており、乗員の首まわりに温風を吹きかけるヒーター付きのヘッドレストを装備(前席のみ)するなど、従来モデルより上級感が高められている。

エンジンバリエーションは、150psを発生する1.6リッターTHP(直噴ガソリンターボ)と、140psの2リッターHDi FAP(直噴ディーゼターボ)の2タイプ。いずれも低燃費&クリーン化を追求した新世代ユニットだ。トランスミッションは、6段MTのほかATも設定される。

サスペンションは、トレッドを広げ、車高を標準モデルよりやや低く設定するなど308CCのキャラクターに合わせてチューンしたものを搭載する。またオープン化により車重が増したぶんブレーキディスクを拡大し、制動力を高めるなどの対策を施した。

(webCG 曽宮)


新型「プジョー308CC」のオフィシャル写真公開の画像
ルーフの開閉に要する時間は約20秒。
ルーフの開閉に要する時間は約20秒。

新型「プジョー308CC」のオフィシャル写真公開の画像

新型「プジョー308CC」のオフィシャル写真公開の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る