「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

2008.07.16 自動車ニュース

「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

独ダイムラーは2008年10月に、「スマートフォーツー」にアイドリングストップ機能を備えた「mhd」グレードを追加すると発表した。


「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

「mhd」は、マイクロ・ハイブリッド・ドライブの略称。本国にある45kW(61ps)と52kW(71ps)モデルに新たに追加されるこのグレードは、2ペダルMTと協調し、自動でアイドリングストップ/スタートを行うもの。
例えば信号の手前などでブレーキングし8km/h以下になると、エンジンは自動でシャットダウンする。再始動はブレーキペダルを離すだけだ。
これにより、市街地走行では燃料を約20%節約できるという。

また、ハイブリッドの登場とほぼ同時期の秋、ディーゼルモデル「cdi」もクリーンディーゼル仕様として生まれ変わる予定だ。

上記「mhd」と、新「cdi」は新色を加え、すでに欧州で受注を開始している。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
フォーツースマートフォーツー・カブリオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • スマートのラインナップに「BRABUSスポーツ」追加設定 2017.8.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年8月30日、スマートのモデルラインナップに「BRABUSスポーツ」を追加設定し、販売を開始した。BRABUSスポーツは、スマートのターボ車をベースに、高性能バージョン「スマートBRABUS」デザインの内外装パーツを装着したモデルである。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
ホームへ戻る