「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

2008.07.16 自動車ニュース

「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

独ダイムラーは2008年10月に、「スマートフォーツー」にアイドリングストップ機能を備えた「mhd」グレードを追加すると発表した。


「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

「mhd」は、マイクロ・ハイブリッド・ドライブの略称。本国にある45kW(61ps)と52kW(71ps)モデルに新たに追加されるこのグレードは、2ペダルMTと協調し、自動でアイドリングストップ/スタートを行うもの。
例えば信号の手前などでブレーキングし8km/h以下になると、エンジンは自動でシャットダウンする。再始動はブレーキペダルを離すだけだ。
これにより、市街地走行では燃料を約20%節約できるという。

また、ハイブリッドの登場とほぼ同時期の秋、ディーゼルモデル「cdi」もクリーンディーゼル仕様として生まれ変わる予定だ。

上記「mhd」と、新「cdi」は新色を加え、すでに欧州で受注を開始している。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る