「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

2008.07.16 自動車ニュース

「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

独ダイムラーは2008年10月に、「スマートフォーツー」にアイドリングストップ機能を備えた「mhd」グレードを追加すると発表した。


「スマートフォーツー」にアイドリングストップモデル追加

「mhd」は、マイクロ・ハイブリッド・ドライブの略称。本国にある45kW(61ps)と52kW(71ps)モデルに新たに追加されるこのグレードは、2ペダルMTと協調し、自動でアイドリングストップ/スタートを行うもの。
例えば信号の手前などでブレーキングし8km/h以下になると、エンジンは自動でシャットダウンする。再始動はブレーキペダルを離すだけだ。
これにより、市街地走行では燃料を約20%節約できるという。

また、ハイブリッドの登場とほぼ同時期の秋、ディーゼルモデル「cdi」もクリーンディーゼル仕様として生まれ変わる予定だ。

上記「mhd」と、新「cdi」は新色を加え、すでに欧州で受注を開始している。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
フォーツースマートフォーツー・カブリオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る