「ザ・ビートル」ベースの2シーターEV登場【デトロイトショー2012】

2012.01.12 自動車ニュース

【デトロイトショー2012】フォルクスワーゲン、「Eバグスター」を世界初公開

独フォルクスワーゲンは2012年1月9日に開幕した北米国際自動車ショー(デトロイトショー)において、「ザ・ビートル」をベースとする電気自動車(EV)のコンセプトカー「Eバグスター」を発表した。

「Eバグスター」は、純粋なEVでありながら「ザ・ビートル」の持つスポーティーな走行性能を実現させることを目的にデザインされたコンセプトカーだ。

モーター出力は85kW(115ps)で、0-100km/h加速は10.9秒。エネルギー容量28.3kWhのリチウムイオンバッテリーを備えることで、アメリカのような広大な国でも大多数の自動車通勤者が自宅と勤務地を往復できる、180kmの航続距離を確保したとアピールする。

そのEVドライブユニット「ブルーeモーション」は、ブレーキエネルギー回収システムを備え、エネルギー回生や出力状況、航続可能距離、バッテリー残量などをメーターで確認できるようになっている。

充電は、欧米の自動車メーカーが協力して開発した「複合充電システム(Combined Charging System)」に対応しており、米国の家庭で一般的な120V(欧州の230V電源にも対応)の単相充電と充電ステーションでの超急速直流充電が可能だという。

Eバグスターのサイズは全長×全幅×全高=4278×1838×1400mm。通常のザ・ビートルと全長がほぼ同じで、全幅は30mm広く、全高は90mmも低くされている。そのスポーティーなプロポーションは、2人乗りのスポーツカーとしてデザインされたもので、車名のEバグスターは、頭の「E」が電気ドライブを意味し、「バグ」は米国におけるビートルのニックネームから、「スター」はオープントップ2シーターを表すスピードスターから採用された。

(webCG 曽宮)

「Eバグスター」
「Eバグスター」
 
「ザ・ビートル」ベースの2シーターEV登場【デトロイトショー2012】の画像
 
「ザ・ビートル」ベースの2シーターEV登場【デトロイトショー2012】の画像
 
「ザ・ビートル」ベースの2シーターEV登場【デトロイトショー2012】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第2回:王道と個性派の競演!
    輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~
    2017.2.21 JAIA輸入車試乗会2017 300万円台のオススメインポートカーはこれだ! webCG編集部員が「アウディA3スポーツバック」と「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」「シトロエン・グランドC4ピカソ」「アバルト124スパイダー」の走りをリポートする。
ホームへ戻る