フォード・フォーカスに、走りの「RS」が登場

2008.07.15 自動車ニュース
「フォード・フォーカスRS」
フォード・フォーカスに、走りの「RS」が登場

フォード・フォーカスに、走りの「RS」が登場

フォードから、300psのハイパフォーマンスカー「フォーカスRS」がデビューする。

フロントフェンダー後方には、漆黒の“エラ”。ブルーの「RS」ロゴが添えられる。
フロントフェンダー後方には、漆黒の“エラ”。ブルーの「RS」ロゴが添えられる。

フォード・フォーカスに、走りの「RS」が登場の画像
レカロシートは、ベルトループ間にRSの刺繍が付く。外装と同様のツートーン。
レカロシートは、ベルトループ間にRSの刺繍が付く。外装と同様のツートーン。

■見るからにモンスター

世界ラリー選手権(WRC)の活躍でもお馴染みの「フォード・フォーカス」。その市販バージョンに、最もハイパフォーマンスな「RS」が追加される。

「特別でありながら、フォーカスSTとのつながりを感じられるようにした」というRSのエクステリアは、どこを切っても個性的。
明るいグリーンのボディカラーは、往年の「フォード・エスコートRS1600」がまとったルマングリーンを現代風にアレンジもので、フロントバンパー下部やフォグランプまわり、サイドミラーなどのピアノブラックとあわせ、強烈なコントラストを放つ。

オーバーフェンダーが目を引くフロントとリアのクォーターパネルは、幅広いタイヤを収めるべくワイドに作り直されたもの。ボンネットには熱対策としてふたつのルーバーが穿たれ、フロントフェンダーの後方にも、RSバッジつきのエアアウトレットが口を開ける。
リアバンパーも、サイドにベンチレーション孔をもつ専用品。中央下部にはディフューザーを装着し、その両端にクロームメッキのマフラーエンドが光る。

インテリアもまた、その素性を隠さない。フロントには、外装に合わせたツートーンカラーのレカロ特製「ハイパフォーマンススポーツシート」が鎮座。リアも同様にサイドサポート性にすぐれたシートが用意される。
センターコンソールにはカーボン調トリム。随所に光沢のあるアルミパーツを配し、ダッシュボード中央にはブースト計を含む3連メーターをマウント。などなど、スポーティな演出には事欠かない。

トランスミッションは、6段MT。アルミ製のABCペダルや、ドライバーのほうを向いた3連メーターがヤル気にさせる。
トランスミッションは、6段MT。アルミ製のABCペダルや、ドライバーのほうを向いた3連メーターがヤル気にさせる。
初期のテストでは、0-100km/h加速を6秒以下でこなしたという「フォーカスRS」。
特別仕立てながら、ドイツ国内にあるノーマルフォーカスと同じラインで組み立てられる。
初期のテストでは、0-100km/h加速を6秒以下でこなしたという「フォーカスRS」。
特別仕立てながら、ドイツ国内にあるノーマルフォーカスと同じラインで組み立てられる。

■切れ味するどいFF車

フォーカスRSの心臓は、デュラテック2.5リッター5気筒ターボエンジン。単なるエンジンマネージメント調整にとどまらず、専用のカムシャフトなどシリンダーヘッドの構成パーツを一新。吸排気系にも手を加え、300ps、41.8kgmを発生する。

駆動方式は、あえてFFを採用した。FFのハイパワー車にありがちな、全開加速時や悪路のコーナリングなどで生ずるトルクステアは、「RevoKnuckle」(レヴォナックル)と呼ぶフロントサスペンションシステムで軽減。4WD化しないことで、軽めの車体も手に入れた。
ステアリングも、正確なフィードバックを得られるよう専用チューン。「FF車ではいまだかつてない、トラクションの妙味と、かみそりのようにシャープなハンドリングを得た」(リリース)という。

足先は、235/35R19のロープロファイル&大径タイヤ。その奥には、フロント336mm、リア300mmのブレーキディスク。いっぽうのソフト面、ESP(横滑り防止装置)もRS用のセッティングになっており、システムの介入までにスポーティなドライビングを許容する。

かように特別仕立てのRSは、2008年7月22日、ロンドンショーで“ほぼ最終型”がお披露目される。その後も開発を続け、2009年初頭には市場に出まわる予定。なお、日本への導入は未定となっている。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • 第18回:ありがとうフォーカス(最終回)
    3カ月間で3800kmを後にして思ったこと
    2016.3.25 フォード・フォーカス日常劇場<PR> 3カ月間、距離にして3800km、われわれの力強い助っ人として活躍してくれた「フォード・フォーカス」が、今回の報告を最後に編集部から卒業する。ありがとうフォーカス! 駆け足でこの3カ月を振り返る。
  • 第14回:フォーカスの実用燃費報告
    約2000km走って11.0km/リッターを記録
    2016.2.26 フォード・フォーカス日常劇場<PR> フォーカスがwebCGにやって来てから早いもので2カ月が経過した。約2000km走って得た実用燃費は11.0km/リッター。燃費を伸ばすためには、ちょっとした傾向と対策があることがわかってきた。
ホームへ戻る