「シトロエンC4」が4年目のマイナーチェンジ

2008.07.14 自動車ニュース
新しいC4。写真は3ドアバージョンの「クーペ」。
「シトロエンC4」が4年目のマイナーチェンジ

「シトロエンC4」が4年目のマイナーチェンジ

仏シトロエンは、「C4」シリーズにマイナーチェンジを実施した。実車は、2008年8月26日に開幕するモスクワモーターショーでお披露目される。

こちらは5ドアバージョンの「C4サルーン」。
こちらは5ドアバージョンの「C4サルーン」。
現行モデルの写真。ボンネット中央には折れ筋が入る。
現行モデルの写真。ボンネット中央には折れ筋が入る。

■丸くなりました

2004年に発売されたC4は、5ドアと3ドア併せて、世界中で90万台以上も売れたシトロエンのヒットモデルだ。
その好調の波に乗って、「よりエレガントに、ダイナミックに、経済的に、エコロジーに」をテーマとし細かい変更を多々加えた、いわばアップグレード版が発売されることになった。

公開された写真によると、その外観に大きな変化はない。が、全長は15mmだけ延長(5ドアは4275mm、3ドアは4288mm)。フロントまわりは、グリルと一体型のバンパーが装着され、C4の特徴ともいえるボンネット中央の“鼻筋”が消え、丸みを帯びた。
足元には新たに16インチ(「Olympie」)と17インチ(「Ribalta」「Volubilis」)のアルミ製ホイールが用意された。どのタイプが装着されるかは、グレードや市場によって異なるということだ。

ボディカラーについても「Récife blue」「Bourrasque blue」「Thorium grey」と、ブルー2色、グレー1色が新たに加えられた。

室内の写真は公開されていないが、リリースによれば、中央のディスプレイに収まるタコメーターは再設計され、ライティングやドライビング情報についてもアップグレードが図られたという。素材に関してもグレードによってシート地がビロードだったり、ライトグレーの新皮革「Lama」が採用されるようだ。

サルーンのリアビュー。
サルーンのリアビュー。
ドアの枚数以上にサルーンとの違いがわかる、クーペのリアまわり。
ドアの枚数以上にサルーンとの違いがわかる、クーペのリアまわり。
「シトロエンC4」が4年目のマイナーチェンジの画像

■エンジンにBMWの血

パワーユニットは、ガソリンに関しては、BMWと共同開発され既にプジョー「308」などに搭載されている「VTi」(バリアブルバルブリフト&タイミング)と「THP」(ターボハイプレッシャー)がシトロエンモデルとして初マウントされる。これにより、現行ユニットの「1.6i 16V」は「VTi120」へ、「2.0i 16V」は「THP150」へと切り替わる。
1.6リッターの前者は、10psアップの120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm、ミッションは燃費で約6%優れる5段MT、又は4段ATが組み合わされる。後者は、新しい6段MTを組み合わせる150ps/5800rpm、24.5kgm/1400〜4000rpmと、4段ATの140ps、24.5kgm/1400rpmがラインナップする。

ディーゼルに関しては新たに1.6リッターの「HDi 92」と「HDi 110 FAP」、さらに、現行から2psアップして140psになった2リッターの「HDi 140 FAP」が登場する。もちろん、燃費の向上やCO2削減対策は各々施されている。

発売時期については不明だが、価格は1万8800ユーロ(「HDi92」)から2万5600ユーロ(「HDi140 FAP」)まで(邦貨換算では約320〜430万円)になると発表された。

ところで今年の4月には、フランスの某自動車雑誌が「ニューC4の1分の1スケールモデル」と称する写真をスクープ掲載した。
その顔付きは現行モデルのような鼻筋が中央に残るもので、ヘッドランプはボンネットの半分以上まで吊り上がった、まるで歌舞伎役者のような表情。全体的なシルエットも今回のニューC4とは明らかに異なっている。2010年秋ごろの発売と予想されるそれは、ディーゼルハイブリッドエンジンや、「ストップ&ゴー」システム、さらにエネルギー回収システムを組み入れるのだとか。果てさて、その真相はいかに……?

(文=野口友莉/写真=シトロエン)

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.8.25 試乗記 シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」がマイナーチェンジ。フェイスリフトが施され、新たに1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルコン式6段ATが採用された。その走りの実力と、同じパワートレインを積む「プジョー308」との違いをリポートする。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る