「マツダ・デミオ」、装いをチョット新たに

2008.07.14 自動車ニュース

「マツダ・デミオ」、装いをチョット新たに

マツダは、コンパクトカー「デミオ」の内装などを一部変更。新たなボディカラーも加え2008年7月14日に発売した。

ポイントは、インテリア。スポーティグレード「SPORT」以外の全車で、白黒2色でラインナップするシートのうち、ブラックシートの表皮デザインをマルチストライプ調に変更。さらに、ステアリングスポークを光沢のあるシルバーベゼルとした。
1.3リッターモデルの「13C-V」と「13C」では、白色文字盤のタコメーターを標準化した。

エクステリアは、ボディカラーにふたつの新色を追加。オレンジ系の「パッションオレンジマイカ」と、かつて特別仕様車「キアラ」に採用した「ゴールデンレッドマイカ」を選べるようにした。

機能面では、SPORTでオプションの6スピーカーを標準化し、それ以外のグレードではオーディオ選択の自由度を高めるべく、オーディレスを標準とした。

価格は、「13C」の119.0万円から「SPORT」の158.0万円まで。

(webCG 関)

デビューからちょうど1年を迎える「マツダ・デミオ」。新色「パッションオレンジマイカ」(写真)が加わった。
デビューからちょうど1年を迎える「マツダ・デミオ」。新色「パッションオレンジマイカ」(写真)が加わった。

「マツダ・デミオ」、装いをチョット新たにの画像
黒シートの表皮は、従来の斜線が交差する柄(写真下)から、平行なマルチストライプ調(写真上)に変更された。
黒シートの表皮は、従来の斜線が交差する柄(写真下)から、平行なマルチストライプ調(写真上)に変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る