第49回:アルファMiToの横丁の「夜会」! 気になるイタリア人の反応は?

2008.07.12 マッキナ あらモーダ!

第49回:アルファMiToの横丁の「夜会」! 気になるイタリア人の反応は?

我が街のディーラーで開かれたMiTo内覧会。
第49回:アルファMiToの横丁の「夜会」! 気になるイタリア人の反応は?

MiToのアンテプリマ

日本のメディアで早くも話題騒然の「アルファ・ロメオMiTo」だが、普通のイタリア人はというと、まったくもって冷静である。
背景には、前回記したように早めに夏休みムードが高まるイタリアでは、自動車販売が冷え込むことがあるからだ。そのため現状では、MiTo知ってる?と若者に聞いても、「もしかしたら聞いたことあるかな〜」だったり、まったく知らなかったりする。

実は前回の取材でアルファ・ロメオのディーラーも訪問したのだが、実車はおろかMiToのミの字も見当たらない。

営業所長に聞くと、「本格的販売は9月からだなぁ」と教えてくれた。
ところがそう聞いてボクが店を出ようとしたときだ。所長が
「でも、来週木曜日にMiToのアンテプリマやるから、おいでよ」と付け加えるではないか。
“anteprima”とはイタリア語で内覧会を意味する。

「夜6時半から9時までだよ」
内覧会というより、夜会といったところか。

なんで「半」なのか突っ込みたかったが、「6時『半』ですね? と、妙に正確ですねえ」と強調するように留めた。
所長は「そう。『半』だよ」と言ってガハハと笑った。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)【試乗記】 2010.8.3 試乗記 アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)
    ……328.0万円

    “ベビー・アルファ”「ミト」に、新型エンジンを搭載する最上級グレードが登場。クローバーのエンブレムに込められた、その実力のほどは?
  • アルファ・ロメオ ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.20 試乗記 アルファ・ロメオ ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)
    ……318万円

    アルファ・ロメオのコンパクトハッチ「ミト」にオートマチックトランスミッションを搭載した新グレードが登場。新型の走りと乗り心地を試す。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
ホームへ戻る