「シトロエンC3ピカソ」、今秋デビュー!

2008.07.11 自動車ニュース

「シトロエンC3ピカソ」、今秋デビュー!

仏シトロエンは、新型のコンパクト・モノスパス(ミニバン)「C3ピカソ」の写真を初公開した。

■ユニークな箱型デザイン

2007年初頭に発売されたダブルシェブロンの「C4ピカソ」は、母国フランスでNo.1の販売台数を誇る人気モデルだ。同社は新たにBセグメントのスモールタイプを加えることで、MPV(多目的車)シリーズの充実を図る。

「丸くて四角い/力強くてチャーミング/モダンでレトロ/ボリュームがあって流線的」と、シトロエンは相反する要素をこの5人乗り新型MPVのフォルムに込めた。
大きなグリルとバンパー。鼻を潰したようなフェイスは存在感があり、かつ、ユーモラス。縦と横のラインを垂直&平行としながら、角は落としてソフトさを添えた。

現地フランスのメディアは、「日産のヒットモデル『キューブ』のようだ」とも評する。欧州では未販売ながら、その斬新なデザインからキューブに注目するメディアは少なくない(フランスの某自動車雑誌の副編集長をつとめる友人など、キューブを個人輸入しようとしたほど……というのは余談だが)。

■広くて明るいインテリア

全長×全幅×全高=4078×1780×1624mm。フロントまわりをコンパクトに、リアは垂直にすることで、室内空間を最大限有効活用する。分割式リアシートは各々最大150mmのスライドが可能だ。リアシート裏側の上部にあるスイッチで、折りたたみはワンタッチ。
荷室は5人乗り状態で容量500リッター(VDA方式)、シートを畳んだフルフラットの状態で最大1506リッターまで拡大する。さらに、助手席もフラットにすれば、長尺物もOKだ。

運転席を高めに位置し、両サイドの三角窓で構成された3面フロントウィンドウによって広い視覚を確保。パノラミックルーフも含めるとガラス面積は広大。広さに加え、自然光もふんだんに取り込めるように設計した。

パワーユニットは、BMWとPSAグループが共同開発したガソリンエンジンで、最高出力95psの「1.4VTi 」と120psの「1.6VTi」の2種類。ディーゼルも2種類用意され、CO2排出量を125g/kmまで抑えることに成功したと謳う90psの「HDi 90」と110psの「HDi 110 FAP」が選べる。

プジョー「207」のプラットフォームを使用するC3ピカソは、207と同様にスロバキアの工場で生産される。
今年10月2日から開催されるパリサロンで正式デビューし、2009年3月ごろ欧州で発売の予定。 価格は未発表だが、ライバルと目される「オペル・メリーバ」に近い1万4700〜1万9000ユーロと予想される。

既にC3ピカソのキュートな公式サイトがスタート。まずは、アクセスしてみては?
http://www.c3picasso.com/

(文=野口友莉/写真=シトロエン)

「シトロエンC3ピカソ」
「シトロエンC3ピカソ」
「C4ピカソ」とは対照的な、キュービックフォルム。
「C4ピカソ」とは対照的な、キュービックフォルム。
三角窓が特徴的な運転席まわり
三角窓が特徴的な運転席まわり

「シトロエンC3ピカソ」、今秋デビュー!の画像

関連キーワード:
C3シトロエンパリモーターショー2008自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • コーヒー好きのあなたに 「シトロエンC3」の特別仕様車発売 2018.6.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年6月7日、「シトロエンC3」の特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」を発売した。同車は、“サードウエーブコーヒー”と呼ばれる、近年話題となっている新しいコーヒー文化をイメージした、日本独自企画の特別仕様車である。
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
ホームへ戻る