第365回:スバル初のミニバン「エクシーガ」試乗!
 つくづくスバルって会社は……

2008.07.11 エッセイ

第365回:スバル初のミニバン「エクシーガ」試乗! つくづくスバルって会社は……

どこかルノーっぽいような

さてさて久々にクルマのハナシを(笑)。
「スバル・エクシーガ」の試乗、行ってきました。一部軽やバッジチューン車を除き、事実上の同社初めての3列シートミニバン!
日産が「プレーリー」を1982年に、ホンダが「オデッセイ」を1994年に出したことを考えると、正直ミニバンを初めてラインナップに入れるのは遅すぎると思いますが、それだけにスバルは気合い入れまくり! って感じでしたね。

具体的には積年の恨み!? っつうか、悩みをいかに解消すべきかがわんさか盛り込まれている。ようするに今まではワゴンのレガシィがいくら売れても、その次に続くミニバンがなかったから大切なお客様が他社にどんどん流れてた。それがやっと阻止できる! と。
別に他社客を奪えなくったっていい…せめてレガシィ大好きユーザーをつなぎ止めたい…そういう想いがあふれてるわけですよ。

実際そうなってましたね。スタイリングは言わば“ビッグレガシィ”。長めのフロントノーズに、デカめのグラスエリア。なによりフロントマスクは、レガシィのイメージそのもの。

ただね。意外なことにこのクルマのフロントのプラットフォームはインプレッサで、ほとんどは新設計だそうな。それからワゴンがちょっと大きくなったぐらいにも見えるけど、全高は現行オデッセイよりも100mmほど高い1600mm台! いやはや人間、ダマされやすいもんです。そんなにデカいとは思わなかった。

スタイリングは見れば見るほどユニーク。スポーティなワンモーションフォルムをとるミニバンが多い中、あえて頭がデカいクラシックスタイル。俺的にはちょっとルノーっぽい気すらしましたね。以前あった「アヴァンタイム」をちょっと小さくしたようとでもいうか……違うかな?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』