クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4888×1834×1672mm/ホイールベース=2890mm/車重=1685kg/駆動方式=FF/2.7リッターV6DOHC24バルブ(185ps/5500rpm、26.1kgm/4000rpm)(欧州仕様車)

ダッジJC R/T(FF/6AT)【海外試乗記】

ダッジの今後を担う 2008.07.11 試乗記 ダッジJC R/T(FF/6AT)

ダッジブランドの5車種目として日本導入が予定される「ダッジJC」。アメリカから新たに送り込まれるクロスオーバーモデルを、北欧はノルウェーで試乗した。

日本名は「JC」

米国クライスラー社が擁する1ブランドである「ダッジ」が、正式に日本に根をおろしたのが2007年6月。日本でのラインナップは、現在SUVの「ナイトロ」、5ドアハッチバックの「キャリバー」、FFセダンの「アベンジャー」、そしてハイパフォーマンスセダンの「チャージャー」と4つのモデルだ。
あれから丸1年、日本でのダッジブランドの知名度は、率直なところ「まだ一般に普及しているとは言い難い」というのが実状だろう。

しかし、現時点で「ダッジブランドは今後もメジャーになりえない」と判断を下してしまうのは早計である。何故ならば輸入元であるクライスラー日本では、この先もダッジのモデルラインナップを継続的に拡充させていくことをすでに表明しているからだ。

というわけで、2008年第4四半期に日本導入予定の「JC」も、そうした将来へと期待を繋げる1モデル。昨年のフランクフルトショーで初披露されたJCは、クライスラーみずから「ユーザーニーズの変化に対応すべく、大胆かつスポーティなパッケージに、多様性とフレキシビリティを独自の形で組み込んだクロスオーバーカー」と紹介するモデル。ちなみに、日本と中国以外では「ダッジ・ジャーニー」の名で発売される。


ダッジJC R/T(FF/6AT)【海外試乗記】の画像 拡大
写真左奥から、「ナイトロ」「ジャーニー(日本名JC)」「アベンジャー」「キャリバー」。
写真左奥から、「ナイトロ」「ジャーニー(日本名JC)」「アベンジャー」「キャリバー」。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

世界市場を狙う

「アメリカのブランド」であり、「メキシコの工場」で生産されるJCだが、国際試乗会が開催されたのは、何と北欧はノルウェー、オスロの地。
本社アメリカからやってきた広報スタッフにその理由を尋ねてみれば、「ヨーロッパからのゲストにとって、このあたりをこうしたイベントで訪れるのは比較的珍しく、それだけ印象に残して貰えるはずだから」というのがその回答だった。

そう、実はダッジは、アメリカの自動車ブランドの中でも国外販売比率が高く、なかでも、このJCはダッジブランドのさらなる世界市場への拡大を狙ったモデルといえるのだ。
なるほど、燃料代の高騰を受けて“国内”需要の大幅減退が伝えられる昨今にあっては、これまでアメリカ国内のみで完結してきた自動車の販売方法も、大きく考え直さなければならない時期に差し掛かっているというわけだ。だから、イベントそのものの運営方法にもその意気込みが滲み出るのである。

シート素材は、レザーシート(写真)のほか、ファブリックシート、汚れやニオイがつきにくい“YES Essentials”プレミアムファブリックシートの3タイプが用意される。
シート素材は、レザーシート(写真)のほか、ファブリックシート、汚れやニオイがつきにくい“YES Essentials”プレミアムファブリックシートの3タイプが用意される。 拡大
安全装備としては、ESPや、ABS、4輪ディスクブレーキのほか、前席エアバッグ、3列シートにサイド&カーテンエアバッグなどが標準で備わる。
安全装備としては、ESPや、ABS、4輪ディスクブレーキのほか、前席エアバッグ、3列シートにサイド&カーテンエアバッグなどが標準で備わる。 拡大

3列シート、7人乗りとはいうものの……

オスロの港町を見下ろす高台のレストランに並べられたヨーロッパ仕様の“ジャーニー”は、事前に手渡されていたスペックから想像するよりも少しばかりこぢんまりとしているように見えた。
全長は約4900mmで、全幅も1800mmをオーバー。すなわち実際は決してコンパクトなどと呼べるサイズではないのだが、第一印象が「こぢんまり」だったのは、アメリカ車は大きなものという先入観があるゆえか、はたまたオスロ周辺は道幅に比較的余裕のあるところが多かったためか。
どちらにせよ、このモデルに対するそうした印象は、そのキャビン空間がさほどボリュームがあるようには思えなかったことに起因するのかもしれない。

もちろん、セカンドシートまでは余裕があるから、大人4人が過ごす居住空間には何の不満もない。が、サードシートはレッグスペースもヒール段差も不足しており、大人が満足に座れるスペースはない。
日本の“JC”は3列仕様で導入されるが、そもそも“ジャーニー”ではサードシートはオプション扱い。むしろ広大なラゲッジスペースを備えるステーションワゴン的パッケージが売りになるというのも納得できる気がする。

日本導入モデルは、3列シート7人乗りとなるが、本国では、2列シートの5人乗りが標準で3列目はオプション設定となる。
日本導入モデルは、3列シート7人乗りとなるが、本国では、2列シートの5人乗りが標準で3列目はオプション設定となる。 拡大
収納スペースは、2列目シート足元のフロア(写真)や助手席のシートクッション下、荷室のフロアなど至るところに用意される。また、写真のチャイルドブースターシート(オプション)は子供が正常位置でシートベルトを装着できるように座面の高さを調整できるもの。
収納スペースは、2列目シート足元のフロア(写真)や助手席のシートクッション下、荷室のフロアなど至るところに用意される。また、写真のチャイルドブースターシート(オプション)は子供が正常位置でシートベルトを装着できるように座面の高さを調整できるもの。 拡大
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。 拡大

自然体

テストしたのは2.7リッターの6気筒エンジンに6ATを組み合わせたモデル。率直なところ、その走りに関しては動力性能にしろフットワークのテイストにしろ、特に印象に残るものではなかった。

「当たり前に加速し、当たり前に曲がり、そして当たり前に止まってくれる」と、そんな“自然体”のドライブフィールがこのクルマの持ち味といえば持ち味かも知れない。いずれにしても、乗る人の感覚を無闇に刺激しないのがこのモデルの走り。
1人乗りの状態ではやや硬めと感じられた足腰のしつらえは、最大7名の乗員に加えて1.6トンまでのトレイラーを牽引可能、というタフな使い方までを想定していることとも無関係ではないはずだ。

ダッジブランドを示す大きな十文字のフロントグリルに、「SUVとステーションワゴン」をブレンドしたかのようなボディを組み合わせた“ダッジJC”。まさにクロスオーバーというフレーズが相応しい造形だ。そんなエクステリアデザインに拘りつつも「クルマは道具として使い倒す」という価値観を持つ人に勧めたい1台だ。

(文=河村康彦/写真=クライスラー日本)

エンジンラインナップは、2リッターターボディーゼルと2種類のガソリンエンジン、2.4リッター直4と2.7リッターV6。そのうち日本導入されるのは、2.7リッターV6モデルで、トランスミッションは6段AT。右ハンドルのみとなる。
エンジンラインナップは、2リッターターボディーゼルと2種類のガソリンエンジン、2.4リッター直4と2.7リッターV6。そのうち日本導入されるのは、2.7リッターV6モデルで、トランスミッションは6段AT。右ハンドルのみとなる。 拡大

ダッジJC R/T(FF/6AT)【海外試乗記】の画像 拡大
ダッジJC R/T(FF/6AT)【海外試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
JCダッジ試乗記

あなたにおすすめの記事