「ミツオカ・ヌエラ」、小さくなって新発売

2008.07.10 自動車ニュース

「ミツオカ・ヌエラ」、小さくなって新発売

光岡自動車は2008年7月10日、新型車「ヌエラ6-02セダン」と「ヌエラ6-02ワゴン」を発表。同日に発売した。

■アコードからカローラへ

「ミツオカ・ヌエラ6-02」は、2004年4月に発売した「ヌエラ」の後継となるモデルだ。ベース車両「ホンダ・アコード」の生産終了に伴い、今年2月にカタログから姿を消したが、このたび2代目となって再登場した。

他車をベースに、FRP材でフロントおよびリアまわりをクラシカルに化粧する手法は変わらず。が、今回はダウンサイジングがポイントだ。
省エネを求める時代背景に配慮し、ベースモデルを、2.0〜2.4リッターの「ホンダ・アコード」から1.5〜1.8リッターの「トヨタ・カローラ」シリーズに変更。FFのセダンで全長×全幅×全高=4645×1695×1460mmと、ボディサイズも先代のヌエラより235mm短く、65mm狭くなった。

ミツオカは、同じカローラベースで「ガリュー2-04」を今年2月にデビューさせたばかり。「ヌエラ6-02」は“顔違いの兄弟車”としてラインナップされる。4灯ヘッドランプのフロントまわりが持ち味だ。
兄貴分と異なり、ワゴンモデル(「カローラフィールダー」ベース)があるのもウリである。

価格は、セダンが235万2000円(1.5リッターFF/5MT)から321万3000円(1.8リッター4WD/CVT)まで。先代ヌエラ(299万400円〜365万4000円)より大幅ダウンするも、ガリュー2-04(228万9000円〜315万円)よりわずかにお高い設定だ。
ワゴンのほうは、228万9000円(1.5リッターFF/5MT)から297万1500円(1.8リッター4WD/CVT)まで。
セダン、ワゴンあわせて年間100台ほどの販売を予定しているという。

(webCG 関)

「ミツオカ・ヌエラ6-02セダン」
「ミツオカ・ヌエラ6-02セダン」
「トヨタ・カローラアクシオ」ベースのセダンは、リアランプが縦型になった。後ろから見ると「ガリュー2-04」にそっくり。
「トヨタ・カローラアクシオ」ベースのセダンは、リアランプが縦型になった。後ろから見ると「ガリュー2-04」にそっくり。
4灯ヘッドランプと縦型グリルからなるフロントまわり。ハンドメイドでFRP製だ。
4灯ヘッドランプと縦型グリルからなるフロントまわり。ハンドメイドでFRP製だ。
ワゴンバージョン。フロント以外は、「カローラフィールダー」と変わらない。なお「6-02」の名は、ヌエラのコードナンバー「6」と「2代目」から。
ワゴンバージョン。フロント以外は、「カローラフィールダー」と変わらない。なお「6-02」の名は、ヌエラのコードナンバー「6」と「2代目」から。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 光岡のセダン「ヌエラ」、ベース車にあわせマイナーチェンジ 2006.2.15 自動車ニュース 光岡自動車は、セダン「ヌエラ」をマイナーチェンジし、2006年2月11日に発売した。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 【東京モーターショー2003プレビュー】ミツオカ・ヌエラ 2003.10.19 自動車ニュース 富山に本拠を置く、国内最新にして最小の乗用車メーカー、光岡自動車。東京モーターショー初出場となった前回の乗用車ショー(2001年)で発表し多くのひとの度肝を抜いた「オロチ」が再びあらわれる。加えて久々のニューモデル「ヌエラ」も出展される。
  • ミツオカ・ヌエラに、2つの特別仕様車 2008.10.21 自動車ニュース 「ミツオカ・ヌエラ」に特別仕様車「スタイリッシュエディション」と「ナビエディション」が設定された。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
ホームへ戻る