新型「ポルシェ・ボクスター」もうすぐ登場

2012.01.13 自動車ニュース

新型「ポルシェ・ボクスター」もうすぐ登場

独ポルシェAGは2012年1月12日、オープンスポーツカー「ボクスター」の新型に関する情報を開示した。

新型「ポルシェ・ボクスター」の概要が明らかにされた。3代目となるニューモデルの見どころは、大幅な軽量化、ホイールベースとトレッドの拡大、ホイールの大径化、燃費の大幅な向上(最大15%)など。

全体的なシルエットはひと目で「ボクスター」と分かるものだが、同社によれば、新型ではオーバーハングはより短くされ、フロントウィンドウは大きく前方に移動。エッジを立たせたディテールなどと相まって、躍動感が演出されているという。

ルーフは、これまで通り電動式のソフトトップを踏襲するものの、デザインは一新。スーパースポーツ「カレラGT」のデザイン要素を採り入れたインテリアはこれまでよりも広くなった。

基本的なラインナップは変わらず、「ボクスター」と「ボクスターS」の二本立て。前者には2.7リッター(265ps:現行型より+10ps)の、後者には3.4リッター(315ps:同+5ps)の水平対向6気筒エンジンが搭載される。ともに、自然吸気型の直噴ユニットである。

組み合わされるトランスミッションは、6段MTまたは7段PDK。PDK仕様のほうが0-100km/hの加速性能に優れ、その所要時間は「ボクスター」で5.7秒、「ボクスターS」で5.0秒と公表される。
燃費についてもPDK仕様車に分があり、エネルギー回生システムやサーマル・マネジメントシステム、オートスタート/ストップ機能などと相まって、「ボクスター」で13.0km/リッター、「ボクスターS」で12.5km/リッター(NEDC:新欧州ドライビングサイクル)の燃費を達成している。

そのほか、ダイナミックトランスミッションマウントを備えた「スポーツクロノパッケージ」や機械式リミテッド・スリップ・リアディファレンシャルを備える「ポルシェ・トルク・ベクトリング(PTV)」といったオプションも、セリングポイントとなっている。

(webCG 関)

3代目となるポルシェのオープンスポーツ「ボクスター」。
3代目となるポルシェのオープンスポーツ「ボクスター」。

新型「ポルシェ・ボクスター」もうすぐ登場の画像

新型「ポルシェ・ボクスター」もうすぐ登場の画像

新型「ポルシェ・ボクスター」もうすぐ登場の画像
新型「ポルシェ・ボクスター」もうすぐ登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る