第72回:【Movie】トヨタ iQは“小さな大物”!?

2008.07.09 エディターから一言

第72回:トヨタ iQは“小さな大物”!?

ドルガバ系コンパクト

トヨタが2008年後半に販売を予定しているトヨタiQを取材した。iQは、トヨタ自動車が2007年9月のフランクフルトショーでコンセプトを発表し、翌年3月のジュネーブショーでデザインをさらに進化させた市販型プロトタイプを発表。今回取材したのはそれと同じ左ハンドルだったが、2008年中には右ハンドル仕様が国内で発売される予定だ。

このiQ、今までのコンパクトカーとはちょっと違う。どう違うかというと、とにかく小さいのだ。その小ささときたら、ヴィッツ(全長3.8m)やイスト(同3.9m)の比ではない。iQは全長が3mしかないのだ。ちなみに一般的な軽自動車の全長は3.4m。つまり軽自動車より40cmも短いことになる。

小さなクルマといえばスマートが思い浮かぶが、iQはスマートと比べても小ささで見劣り(?)しない。現行スマートは全長2.7mで2人乗り。対してiQは全長が約3mで4人乗り。その後席は、名ばかりのものではなく大人2人が何とか座れるスペースが確保されている。2008年現在、全長3mそこそこで大人4人が、いや3人なら無理なく乗れるクルマは、市販予定車ではこのiQぐらい。いや、タタ・ナノ(3.1m)もそうだが、ナノとiQではベクトルが違う!?

iQは、ただ単に小さく広いだけでなく、現代的な洗練を身につけている。が、メーカーはこのクルマをあえて「高級」とは言わない。チーフエンジニアの言葉を借りると、アルマーニよりむしろ、ドルチェ&ガッバーナなんだとか。その意味は!?



WindowsMediaPlayer(9.1MB)

Quick Time(12.8MB)

(webCG 曽宮)

トヨタ iQ
トヨタ iQ
スマート fortwo
スマート fortwo
タタ・ナノ
タタ・ナノ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る