第72回:【Movie】トヨタ iQは“小さな大物”!?

2008.07.09 エディターから一言

第72回:トヨタ iQは“小さな大物”!?

ドルガバ系コンパクト

トヨタが2008年後半に販売を予定しているトヨタiQを取材した。iQは、トヨタ自動車が2007年9月のフランクフルトショーでコンセプトを発表し、翌年3月のジュネーブショーでデザインをさらに進化させた市販型プロトタイプを発表。今回取材したのはそれと同じ左ハンドルだったが、2008年中には右ハンドル仕様が国内で発売される予定だ。

このiQ、今までのコンパクトカーとはちょっと違う。どう違うかというと、とにかく小さいのだ。その小ささときたら、ヴィッツ(全長3.8m)やイスト(同3.9m)の比ではない。iQは全長が3mしかないのだ。ちなみに一般的な軽自動車の全長は3.4m。つまり軽自動車より40cmも短いことになる。

小さなクルマといえばスマートが思い浮かぶが、iQはスマートと比べても小ささで見劣り(?)しない。現行スマートは全長2.7mで2人乗り。対してiQは全長が約3mで4人乗り。その後席は、名ばかりのものではなく大人2人が何とか座れるスペースが確保されている。2008年現在、全長3mそこそこで大人4人が、いや3人なら無理なく乗れるクルマは、市販予定車ではこのiQぐらい。いや、タタ・ナノ(3.1m)もそうだが、ナノとiQではベクトルが違う!?

iQは、ただ単に小さく広いだけでなく、現代的な洗練を身につけている。が、メーカーはこのクルマをあえて「高級」とは言わない。チーフエンジニアの言葉を借りると、アルマーニよりむしろ、ドルチェ&ガッバーナなんだとか。その意味は!?



WindowsMediaPlayer(9.1MB)

Quick Time(12.8MB)

(webCG 曽宮)

トヨタ iQ
トヨタ iQ
スマート fortwo
スマート fortwo
タタ・ナノ
タタ・ナノ
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記