【スペック】全長×全幅×全高=4705×1995×1920mm/ホイールベース=2840mm/車重=2220kg/駆動方式=4WD/3.7リッター直5DOHC20バルブ(245ps/5600rpm、33.5kgm/4600rpm)/価格=599万4000円(テスト車=同じ)

ハマーH3 ラグジュアリー(4WD/4AT)【試乗記】

右ハンドルでどや! 2008.07.09 試乗記 ハマーH3 ラグジュアリー(4WD/4AT)
……599万4000円

2008年モデルから右ハンドル仕様が加わった「ハマーH3」。扱いやすくなった「強面系SUV」に目を付ける人は増えているようで……。

「ハマーのオンナ」が増えている

東京都内に話を限っていえば、「ハマーH3」を目にすることはめずらしい状況ではない。行くべきところには行き渡ったのではないかと思ってしまうほどだ。それでも販売はまだ頭打ちになっていないようで、2008年モデルも好調に売れているという。

インポーターが三井物産オートモーティブからゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン(GMAPジャパン)に移管され、それを機に右ハンドル仕様が加わったことで販売に弾みがついたようだ。発売から半年がたった現在も、バックオーダーを抱えているほどだという。

聞けば、夫婦でショールームにやってきて、「ワタシも運転できるからこっちがいいわ」と右ハンドルを選んでいくパターンが目立つとか。女性の強さをあらためて教えられるエピソードであるが、大きすぎないH3なら「ハマーのオンナ」はたしかに絵になりそうだ。

ベースグレードのほか、「ラグジュアリー」「アドベンチャー」とラインナップが増えたことも2008年モデルの特徴。従来3.5リッターだった直列5気筒エンジンは、排気量が3.7リッターに拡大された。トランスミッションは基本は4段ATで、ベースグレードでは5段MTも選べる。アドベンチャー以外ならすべて右ハンドルを選択可能だ。また、2008年7月からパワフルなV8モデルが加わり、選択肢が増えたのも見逃せないところだ。

車内からだと恐ろしく見える急坂も、安定して降りることができた。対地障害角がしっかり確保されているため、車体をヒットするリスクは少ない。
車内からだと恐ろしく見える急坂も、安定して降りることができた。対地障害角がしっかり確保されているため、車体をヒットするリスクは少ない。
右ハンドルは、2007年9月にイギリスとオーストラリアで発表され、同年10月に東京モーターショーで日本デビューした。
右ハンドルは、2007年9月にイギリスとオーストラリアで発表され、同年10月に東京モーターショーで日本デビューした。
デザインのキーワードは、“Like Nothing Else”。すなわち何ものにも似ていないこと。
デザインのキーワードは、“Like Nothing Else”。すなわち何ものにも似ていないこと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ハマーH3 ラグジュアリー(4WD/4AT)【試乗記】 2008.7.9 試乗記 ハマーH3 ラグジュアリー(4WD/4AT)
    ……599万4000円

    2008年モデルから右ハンドル仕様が加わった「ハマーH3」。扱いやすくなった「強面系SUV」に目を付ける人は増えているようで……。
  • 「ハマーH3」に300ps超えのV8モデル登場 2008.6.19 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンが、ハマーH3のラインナップにV8モデルを追加し、2008年7月4日に発売すると発表した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る