【スペック】全長×全幅×全高=4970×1930×1420mm/ホイールベース=2920mm/車重=1980kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ スーパーチャージャー(333ps/5500-6500rpm、44.9kgm/3300-5250rpm)、モーター(47ps/1150rpm以上、30.6kgm/1150rpm以下)/価格=1483万円(テスト車=1710万1000円)

ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド(FR/8AT)【ブリーフテスト】

ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド(FR/8AT) 2012.01.12 試乗記 ……1710万1000円
総合評価……★★★★

ポルシェの4ドア4シーターモデル「パナメーラ」にハイブリッドモデルが追加された。スポーツサルーンにしてリッター14.1kmの燃費を誇る期待のモデルに試乗した。

「電化」のポルシェに思う

CO2の排出規制は今後どんどん厳しくなる。ヨーロッパでは、販売する新車の平均燃費を2015年には130g/km(燃費に換算すると18.1km/リッターに相当)にせよと規定されており、その後2020年にはさらに厳しい95g/km(同24.7km/リッター)という目標が待ち受けている。こうなると、さすがのディーゼルエンジンでも達成は難しく、内燃機関はハイブリッドシステムなどによる「電化」がマストになってくると言われている。あれだけディーゼルにご執心だったヨーロッパのメーカーが、ここ数年でハイブリッド派に転向してきている理由はその辺にある。

となると、スポーツカーメーカーの中には20年後、いや10年後にも淘汰(とうた)されてしまうところが出てくるかもしれないが、ポルシェは安泰だろうな、というのが今回強く感じたことである。「パナメーラSハイブリッド」で270kmあまりの試乗を終えて、いわゆる満タン法で得た燃費は11.5km/リッターだった。車重が約2トン、エンジンとモーターを合わせたシステム出力で380psを誇り、0-100km/hを6秒で走り切るハイパフォーマンスカーにしてこの燃費なら大したものだ。

そこでひとつ、ポルシェに聞きたいことがある。電化によってポルシェは今後、われわれにどんな「ストーリー」を見せてくれるのだろうか。

クルマは走るものではなく、走らせるものだ。純ガソリン時代のポルシェの速さは、サーキットにおける数々の名勝負によって脳裏に焼き付いており、ジャッキー・イクス、デレック・ベル、ワルター・ロール、あるいはスティーブ・マックイーンなんていう「ポルシェ使い」がいてこそ、ポルシェの記憶は立体感を帯びたのだと信じる。

では、ハイブリッド時代のポルシェを彩るのは、どんな勝負で、どんな人物なのだろうか。それがないうちは、ハイブリッドポルシェはまだ、本当の意味で走ったとは言えないのではないか? これからがとても楽しみである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
  • 「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場 2016.11.10 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る