第48回:驚愕! イタリア自動車ディーラーの夏

2008.07.05 エッセイ

第48回:驚愕! イタリア自動車ディーラーの夏

プジョー販売店のニコラ氏(右)とスタッフ。
第48回:驚愕! イタリア自動車ディーラーの夏

8月は半分以下しか売れない!

イタリアで製造業の夏休みは8月頭から約3週間が一般的だ。したがって自動車メーカーの広報マンとも大気圏突入前の宇宙船の如く、8月の最終週まで連絡がとれなくなってしまう。

いっぽう公立学校はボクが住むトスカーナの場合、高校の卒業試験を除き、すでに6月中旬から夏休みに入っている。そのため、自営業や開業医など、比較的休みの調整がつけやすい家は、早くも休暇に入っていたりする。
とくに近年は家計節約で7、8月を避ける家庭が多いため、夏休みは年々前倒しの傾向にある。

そうした夏休みシフトにともない、ガクッと客足が落ちるのがイタリアの自動車販売だ。どのくらい落ち込むかを昨2007年の登録台数データで説明しよう。
6月には約22万6000台あったのが7月には21万1000台に減り、続く8月には10万3000台と、いきなり半分以下まで急降下してしまったのである。
この季節イタリア人の頭の中はヴァカンツァ(ヴァカンス)一色で、クルマのことなんぞ考えているのは粋ではないのだ。もっと現実的な視点からすれば、休暇の大出費を前にクルマの消費マインドは自ずと萎える。
加えて、ただでさえ納期1か月が当たり前なこの国で、たとえクルマを注文しても到底ヴァカンツァには間に合わない。
幸いなのはこうした傾向は長年続いていることで、メーカーもディーラーもさして驚いていないことだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。