【スペック】7人乗り:全長×全幅×全高=4865×1840×1900mm/ホイールベース=2950mm/車重=2020kg/駆動方式=FF/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、35.1kgm/4700rpm)/価格=416万円(テスト車=533万750円)

トヨタ・ヴェルファイア 3.5Z“Gエディション”(FF/6AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ヴェルファイア 3.5Z“Gエディション”(FF/6AT) 2008.07.03 試乗記 ……533万750円
総合評価……★★★★

発売1ヶ月で、目標販売台数、半年ぶんの受注を獲得したというトヨタ「ヴェルファイア」。人気の秘密はどこにあるのか? 最上級モデルでその使い勝手と乗り心地を試す。
 
トヨタ・ヴェルファイア3.5Z“Gエディション”(FF/6AT)【ブリーフテスト】

期待に応えた結果

トヨタのラージサイズミニバン「アルファード」がフルモデルチェンジしたのを機に、双子の弟として登場したのが「ヴェルファイア」である。新型アルファードが先代のイメージを受け継ぐのに対し、ヴェルファイアは力強いフロントマスクが特徴で、ライバル「日産エルグランド」への対抗意識がビシビシ伝わってくる。

景気停滞にガソリン高と、誰の目から見ても逆風にさらされている新車販売。そんななか、発売から1カ月のあいだに、月販目標台数の6000台をはるかに上回る約3万6000台の受注を得たというのは驚くばかり。その内訳がアルファードの1万6000台に対して、ヴェルファイアが25%多い2万台というのは、より幅広い層を取り込むために弟分を投入したトヨタの目論見どおりだ。

そんな国民的注目モデルである(?)トヨタのフラッグシップミニバンから、今回はヴェルファイアを試したわけだが、ミニバンの頂点を狙うクルマだけに、パッケージングや装備が魅力的なのはもちろんのこと、走りっぷりや乗り心地も実にレベルが高い。たまたま同じ時期に、最新の「クライスラー・グランドボイジャー」に乗るチャンスがあった。元祖ミニバンと較べても、このヴェルファイアは、ユーザーの期待に十分応えるでき映えと断言できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴェルファイアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る