「シボレー・カマロ」V6エンジンの出力向上

2012.01.13 自動車ニュース
「シボレー・カマロ」生誕45周年記念限定車
「シボレー・カマロ」V6エンジンの出力向上

「シボレー・カマロ」V6エンジンの出力向上

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2011年1月12日、「シボレー・カマロ」にマイナーチェンジを施し、発売した。また、カマロの生誕45周年を記念した限定車も発表。同日販売を開始した。

 

■パワー、実用性がアップ

今回のマイナーチェンジでは、日本仕様の「LT RSクーペ」と「コンバーチブル」に搭載される3.6リッター直噴V6エンジンに、新設計のシリンダーヘッドなどを採用。約10kgの軽量化と、エンジンの最高出力アップ(308ps→327ps)を果たした。また、インストゥルメントパネルやステアリングホイールのデザインが一新されたほか、パークアシストセンサー付きリアビューカメラ、リアビューモニター付き自動防眩(ぼうげん)ルームミラーの新採用、助手席へのパワーシートの装備、さらに、パフォーマンス・サスペンションの導入(V8モデル)など、大幅な改良が加えられた。

価格は以下の通り
・クーペLT RS(V6):430万円
・クーペSS RS(V8):535万円
・コンバーチブル(V6):499万円

 

■シボレー・カマロ生誕45周年記念限定車

シボレー カマロ生誕45周年を記念した限定車は、「クーペLT RS(V6)」「カマロ クーペSS RS(V8)」「カマロ コンバーチブル(V6)」のすべてのモデルに用意される。記念限定車の内容は以下の通り。
・専用ボディーカラー(カーボンフラッシュメタリック)
・専用ストライプ(レッド/チャコール)
・20インチ ディープシルバーペインテッドアルミホイール
・45周年記念刺しゅう入りレザーシート
・専用ステッチ入りシート、ヘッドレスト、ステアリングホイール、シフトノブ
・専用エンブレム

価格
・カマロ生誕45周年記念限定車:クーペLT RS:445万円
・カマロ生誕45周年記念限定車:クーペSS RS:550万円
・カマロ生誕45周年記念限定車:コンバーチブル:514万円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る