【スペック】全長×全幅×全高=4825×1890×1545mm/ホイールベース=2815mm/車重=1750kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブ ターボ・インタークーラー付き(200ps/4800rpm、30.6kgm/1500-4500rpm)/価格=498.0万円(テスト車=503.0万円/レジャー・パッケージ=5.0万円)

ボルボV70 2.5T LE(FF/6AT)【試乗記】

もっともっと 2008.07.02 試乗記 ボルボV70 2.5T LE(FF/6AT)
……503.0万円

2007年11月にデビューした新型「ボルボV70」に、エントリーグレード「2.5T LE」が追加された。安い価格と引き替えに、失ったものはあるのだろうか?

グッと近い存在に

大幅なサイズアップを果たし、エンジンも直列6気筒が主力に据えられるなど上級移行が図られた新型ボルボV70は、同時に価格もグンと跳ね上がってしまった。ベースモデル同士の比較で、従来より100万円以上も高くなったのだから、ユーザーが戸惑ったとしても当然。さてボルボは、一体どんな手を打ってくるのかと思っていたところに登場したのが、この「V70 2.5T LE」である。

ラインナップのボトムレンジを支えるべく登場したこの2.5T LEは、直列6気筒ではなく、ボルボファンにはお馴染みの直列5気筒2.5リッター低圧ターボエンジンが搭載されている。スペックは最高出力200ps、最大トルク30.6kgmで、組み合わされるのは6段ATだ。

装備も簡素化されている。しかし装備表を見まわして目につくのは、タイヤが16インチになり、オーディオがDYNAUDIO社製スピーカー付きの“プレミアムサウンド”から“ハイパフォーマンス”とされ、クルーズコントロール、フォグランプ、アクティブヘッドライトなどが省かれるというくらい。安全装備は上位グレードと同様な内容が付いているし、ラゲッジカバーもパワーテールゲートも標準装備とされている。しかも先般行なわれた仕様変更でレザーシートまで装備されるようになったから、主立ったものはすべて備わっているのである。

これで車両本体価格は498万円と、ギリギリ500万円を割り込んでいる。先代のエントリーグレードは440万円という価格だったが、エンジンはNAだったし装備もここまで充実していなかった。ひとつ上の「3.2 SE」の575万円という価格を考えても、新しいV70がグッと近い存在になったのは間違いないだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る