「トヨタ・マークX」にスマートキー&イモビ付きの特別仕様車

2008.07.01 自動車ニュース

「トヨタ・マークX」にスマートキー&イモビ付きの特別仕様車

トヨタ自動車は2008年7月1日、ミディアムセダンの「マークX」にスマートキーや盗難防止システムなどを与えた特別仕様車を設定。同日、販売を開始した。

今回発売された特別仕様車「Smart Edition」は、2.5リッターエンジン搭載モデル「250G」とその4WD「250G Four」の、装備充実仕様「Fパッケージ」がベースとなる。スマートエントリー&スタートシステムに加え、盗難防止効果を高めるエンジンイモビライザーシステムを特別装備する。さらに運転席に8ウェイのパワーシートを採用。ディスチャージヘッドランプ、16インチアルミホイールも付与された。

価格は「250G FパッケージSmart Edition」が265万6500円、「250G Four FパッケージSmart Edition」が297万1500円。それぞれベース車より17万8500円高いプライスタグを掲げる。

(webCG 本諏訪)

「トヨタ・マークX 250G FパッケージSmart Edition」
「トヨタ・マークX 250G FパッケージSmart Edition」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る