「トヨタ・マークX」にスマートキー&イモビ付きの特別仕様車

2008.07.01 自動車ニュース

「トヨタ・マークX」にスマートキー&イモビ付きの特別仕様車

トヨタ自動車は2008年7月1日、ミディアムセダンの「マークX」にスマートキーや盗難防止システムなどを与えた特別仕様車を設定。同日、販売を開始した。

今回発売された特別仕様車「Smart Edition」は、2.5リッターエンジン搭載モデル「250G」とその4WD「250G Four」の、装備充実仕様「Fパッケージ」がベースとなる。スマートエントリー&スタートシステムに加え、盗難防止効果を高めるエンジンイモビライザーシステムを特別装備する。さらに運転席に8ウェイのパワーシートを採用。ディスチャージヘッドランプ、16インチアルミホイールも付与された。

価格は「250G FパッケージSmart Edition」が265万6500円、「250G Four FパッケージSmart Edition」が297万1500円。それぞれベース車より17万8500円高いプライスタグを掲げる。

(webCG 本諏訪)

「トヨタ・マークX 250G FパッケージSmart Edition」
「トヨタ・マークX 250G FパッケージSmart Edition」

関連キーワード:
マークXトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売 2018.5.16 自動車ニュース スズキが、大型のキャビンが特徴の軽トラック「スーパーキャリイ」を発売。ゆとりある車内空間に加え、運転席と助手席に採用されたリクライニングおよびスライド調整機構や、収納スペースの数々、充実した安全装備などもセリングポイントとなっている。
  • トヨタ、プレミオとアリオンの装備を充実 2012.12.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2012年12月4日、ミドルサイズセダンの「プレミオ」と「アリオン」に改良を施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る