メルセデスが“ディーゼルYes”をアピール

2008.07.01 自動車ニュース

メルセデスが“ディーゼルYes”をアピール

メルセデスが“ディーゼルYes”をアピール

メルセデス・ベンツ日本は2008年7月1日、東京・台場で「東京クリーンディーゼル体感フェア」と銘打った、ディーゼル車普及促進イベントを開催した。

クリーンディーゼル体感フェアの一環として、石原良純氏の助手席でメルセデスのクリーンディーゼルを体感する同乗体験が行われた。
クリーンディーゼル体感フェアの一環として、石原良純氏の助手席でメルセデスのクリーンディーゼルを体感する同乗体験が行われた。
慶応義塾大学大学院政策メディア研究科・教授の金谷年展氏。主な著書に「ディーゼルこそが地球を救う」「メルセデス・ベンツに乗るということ」など。
慶応義塾大学大学院政策メディア研究科・教授の金谷年展氏。主な著書に「ディーゼルこそが地球を救う」「メルセデス・ベンツに乗るということ」など。

■あの“ディーゼルNO運動”から9年

「東京クリーンディーゼル体感フェア」は、メルセデス・ベンツ日本が、最新のディーゼル車の実力や環境性能の正しい理解を促す目的で開催したイベントだ。同イベントでは、「メルセデス・ベンツ E320 CDI」を使用した一般ユーザー向け試乗会や環境省選任の“クールアースアンバサダー”こと石原良純氏、慶応義塾大学大学院教授の金谷年展氏によるトークショーが行われた。

現在のディーゼル車は、かつての「ディーゼルNO運動」が叫ばれていた時代(1999年)と比べ、劇的に静か、かつクリーンに進化したとされる。それでも現在、日本におけるディーゼル乗用車の登録数は0.1%ほど。ヨーロッパではそれが約50%を占めていることを考えると日・欧では大きな差が開いている。

金谷教授によると、ディーゼル車の比率が現在の水準から10%に増加すると、200万トンのCO2削減効果が得られるという。200万トンというのは千葉県全体が森林と想定して、そのすべてが吸収するCO2と同等の量。あるいは100万件の家に太陽光発電を設置し、削減できるCO2の量に匹敵するという。

俳優で、気象予報士の石原良純氏。「これからは、クルマに限らず様々なものを“ライフサイクルコスト”で考えるべきだと思う」と述べた。
俳優で、気象予報士の石原良純氏。「これからは、クルマに限らず様々なものを“ライフサイクルコスト”で考えるべきだと思う」と述べた。
メルセデス・ベンツ日本のハンス・テンペル社長。「V6ディーゼルを搭載したE320CDI、ガソリン車でいうとV8並みのトルクと直4並みの経済性を兼ね備えたクルマです」とアピールした。
メルセデス・ベンツ日本のハンス・テンペル社長。「V6ディーゼルを搭載したE320CDI、ガソリン車でいうとV8並みのトルクと直4並みの経済性を兼ね備えたクルマです」とアピールした。
女性が手にしている白いハンカチは、メルセデス・ベンツ E320CDIの排気管をふさぐように被せておいたもの。白さが失われていないことがアピールされた。
女性が手にしている白いハンカチは、メルセデス・ベンツ E320CDIの排気管をふさぐように被せておいたもの。白さが失われていないことがアピールされた。

■ディーゼルを取り巻く環境の変化

石原良純氏は、環境負荷低減装置の搭載によりコスト高になるディーゼル車の価格感を、耐用年数が長く、燃費がガソリン車比で20%ほど優れることを考慮すれば、けっして高い買い物にはならないだろうとクリーンディーゼルを擁護する立場をとった。

現在、メルセデス・ベンツ日本が国内で販売する「E320 CDI アバンギャルド」の価格は、848万円。同排気量のガソリン車「E300 アバンギャルドS」(775万円)と比べると、73万円高の設定だ。この価格差の「元をとる」という考え方をすると、かなりの年月を要することになる。それでもディーゼル車は発売以降、約3000台が販売され、Eクラス全体の約20%を占めるに至っている。これは燃費経済性の面だけでなく、環境性能や豊かなトルク特性などを理由にディーゼル車を選ぶユーザーから好評をもって迎えられている証拠だろう。

ディーゼル車を取り巻く環境は変わりつつある。各自動車メーカーによる次世代パワートレインの研究開発と並行して、2005年1月には低硫黄サルファフリー燃料が導入されるようになった。これにより燃料とパワートレインの両面からディーゼル排ガスのクリーン化が図れるようになった。また2008年1月には政府主導によるクリーンディーゼル車の普及案が検討されている。具体的には、2009年度からクリーンディーゼル車の購入に際して、十数万円の補助金が交付されることになりそうだ。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
Eクラス セダンメルセデス・ベンツイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.4 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」に試乗。充実の先進装備やトレンドに沿ったエクステリアに目が行きがちだが、その土台はメルセデスの伝統にのっとった“いいクルマ”らしさにあふれていた。中間グレードの「GLA220 4MATIC」に乗った。
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」を発売した。SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • ヤマハXSR900(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.14 試乗記 “ザ・パフォーマンス・レトロスター”をコンセプトに開発された、ヤマハの大型バイク「XSR900」に試乗。既存の車種の枠を超え、新しい価値を提供するとうたわれる、ニューモデルの走りを報告する。
ホームへ戻る