「コルベット」に、50万円以上おトク(!)な特別仕様車

2008.07.01 自動車ニュース

「コルベット」に、50万円以上おトク(!)な特別仕様車

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、シボレーブランドのスポーツカー「コルベット」に、特別仕様車「S-Limited」を設定。2008年7月4日に発売する。

「シボレー・コルベットS-Limited」は、GM創立100周年を記念する特別仕様車だ。

AT仕様の「コルベット・クーペ」をベースに、5スプリットスポークアルミホイールとリアのレーシングスポイラーでエクステリアをドレスアップ。さらに、フロントグリル、フェンダーグリル、リアエンドの各開口部にメッシュスクリーンを与えた。

インテリアも、2トーンレザーで特別感を演出。ベースモデルに100.0万円相当の特別装備を加えながらも、価格は43.0万円アップの798.0万円に抑えた。

選べるボディカラーは、アークティックホワイト(リネンインテリア)とブラック(シエナインテリア)の2色。それぞれ15台ずつ、あわせて30台限定で販売される。

(webCG 関)

「シボレー・コルベットS-Limited」
「シボレー・コルベットS-Limited」
5スプリットスポークアルミホイール。その後方、フェンダーグリルには、メッシュスクリーンが取り付けられる。
5スプリットスポークアルミホイール。その後方、フェンダーグリルには、メッシュスクリーンが取り付けられる。
ブラック外装に組み合わされる「シエナインテリア」。
ブラック外装に組み合わされる「シエナインテリア」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • 「GLM G4」発表会の会場から 2017.4.18 画像・写真 京都に本社を置くベンチャー、GLMが、2019年に量産開始予定の電気自動車「GLM G4」を日本初公開! 想定価格は4000万円という電動スーパーカーの姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る