欧州勢はハイブリッドとオープンで攻勢【デトロイトショー2012】

2012.01.13 自動車ニュース
「BMWアクティブハイブリッド3」
欧州勢はハイブリッドとオープンで攻勢【デトロイトショー2012】

【デトロイトショー2012】欧州勢の見どころはハイブリッド車とオープンカー

2012年1月9日に開幕したデトロイトショー。欧州車メーカーの中で特に勢いが感じられたのは、北米市場で絶大なる勢力を持つドイツメーカーだった。新しいハイブリッド車とオープンモデルを多数展示し、存在感をアピールしていた。

「アウディS4」
「アウディS4」
「メルセデス・ベンツE400ハイブリッド」(左)と「E300ブルーテック ハイブリッド」
「メルセデス・ベンツE400ハイブリッド」(左)と「E300ブルーテック ハイブリッド」
「フォルクスワーゲン・ジェッタ ハイブリッド」
「フォルクスワーゲン・ジェッタ ハイブリッド」

■大物ぞろいだが「鮮度」がいまひとつ

イタリアのスーパーカーメーカーが出展を見合わせた今回、欧州車の主役はプレミアムブランドを中心としたドイツ勢だった。とはいえ、その内容を見ると、完全なブランニューモデルはメルセデス・ベンツの新型「SL」、スマートの「for-usコンセプト」、BMWが持ち込んだ新型「3シリーズ」ぐらい。大半は追加モデルや既存車種を発展させたコンセプトカーであり、大盤振る舞いした日本メーカーと比べると、ちょっと物足りなさを感じたのは事実だ。

「3シリーズ」は、フルモデルチェンジとはいってもすでにフォトデビューを2011年10月に済ませている。それに加えて、すでに国際試乗会も終えているためにインパクトは小さく、実車を初めて見せただけ、という印象がぬぐえなかった。一方で「6シリーズ」の4ドアバージョンである「グランクーペ」も、すでにフォトデビューさせているにもかかわらず、なぜか展示しなかった。
アウディにしても、目玉は「A4」のフェイスリフトと、「Q3RS」を示唆する「Q3」ベースのコンセプトカーのみ。何としてでもデトロイトショーで目立たなくては、という意気込みは薄かったようだ。

日本車メーカーのニューモデルもほとんどが北米市場を意識したものだったが、そこには世界に対するアピールもしっかり含まれていた。しかし、残念ながらメルセデス・ベンツ以外の欧州勢は、北米のみを見据えた出展としか感じられなかったのである。

「スマートfor-usコンセプト」
 
「スマートfor-usコンセプト」
	 
「ポルシェ911カブリオレ」
 
「ポルシェ911カブリオレ」
	 
「フォルクスワーゲンEバグスター」
 
「フォルクスワーゲンEバグスター」
	 

■ハイブリッド車とオープンカーが勢ぞろい

このように欧州勢には「小粒感」がぬぐえなかったものの、台数自体はそこそこそろっていたと言える。その中で多く見られたのはハイブリッド車とオープンカーである。

新型のハイブリッド車を出展したのは、メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲンだった。メルセデス・ベンツは北米や日本、さらに中国も見据えたガソリン仕様の「E400ハイブリッド」と、欧州での需要に応えるディーゼルベースの「E300ブルーテック ハイブリッド」の2モデルを設定することで、技術力と市場への適合性の高さをアピールしていた。

BMWはライバルに先駆けて、Dセグメントの「3シリーズ」に「アクティブハイブリッド3」を追加した。ハイブリッドではメルセデス・ベンツに一歩先を行かれているが、主力セグメントを押さえることで巻き返しを狙っているのだろう。またフォルクスワーゲンは発売されれば「プリウス」とガチンコ勝負になる「ジェッタ ハイブリッド」を持ち込んだ。

オープンカーでは「メルセデス・ベンツSL」を筆頭に、「スマートfor-usコンセプト」、「ポルシェ911カブリオレ」、「MINIロードスター」が出展されていた。中でも注目なのは「スマートfor-usコンセプト」だ。

これは「フォーツー エレクトリックドライブ」をベースにした電気自動車で、オープン+ピックアップのスタイルを採る。近い将来に再登場する予定の4シーターモデル「フォーフォー」のデザインスタディーかと思ったが、もしかすると「for-us」の車名が示すとおり、「フォーツー」のアメリカ市場向け派生車種のひな型なのかもしれない。

また、現状ではオープンスタイルではないが「フォルクスワーゲンEバグスター」も「ザ・ビートル」のオープンを示唆するモデルだ。スピードスターになっていたり、パワートレインが電気モーターになっていたりとショー向けの演出が加えられているが、ボディーは次期「ビートル カブリオレ」を示唆するものと見て間違いないだろう。

(文と写真=新井一樹)

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 5シリーズ セダン 2016.10.19 画像・写真 独BMWは2016年10月13日、7代目となる新型「BMW 5シリーズ セダン」を発表した。2リッターガソリンエンジン搭載車からプラグインハイブリッド車まで、多岐にわたるラインナップの一部を画像で紹介する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 523i(FR/8AT)【試乗記】 2012.3.19 試乗記 BMW 523i(FR/8AT)
    ……708万7000円

    仕様変更により、エンジンが2.5リッター直6から2リッター直4ターボに載せ換えられた「523i」。セダンモデルでその走りと燃費性能を試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る