【スペック】全長×全幅×全高=4585×1815×1435mm/ホイールベース=2760mm/車重=1640kg/駆動方式=FR/4リッターV8DOHC32バルブ(420ps/8300rpm、40.8kgm/3900rpm)/価格=973万円(テスト車=1045万2000円/エクステンド・ノヴィロ・レザー=20万5000円/M Driveパッケージ=45万円/アルミニウム・シャドー・トリム=6万7000円)

BMW M3セダン(FR/6MT)【試乗記】

長く愛して 2008.07.01 試乗記 BMW M3セダン(FR/6MT)
……1045万2000円

胸をはってハイパフォーマンスカーに乗るのがはばかられる昨今。「M3セダン」に乗りながら、この楽しさを味わい続ける方法を考えた。

高性能車を悪者にするな

あまり認めたくはないけれど、高性能車に逆風が吹いていることは疑いようがない。でも優れたクルマに接すると、いい音楽を聴いた時と同じように幸せな気持ちになるのもまた事実。

「M3セダン」に乗りながら、柄にもなく高性能とエネルギー、環境問題の両立が図れないものか、なんてことを考えた。
このM3セダンは、2007年10月に日本へ導入された「M3クーペ」に続いて今春から日本での販売が始まっている。ちなみに、M3のセダン版が日本に正規輸入されるのは今回が初めて。

クーペとの違いは、クーペがルーフの素材にカーボンを採用していることと、ドアの枚数。それ以外は、4リッターV8エンジンのスペックからインテリアにいたるまで同じ仕立てである。

なお、試乗車はコンベンショナルな6MT仕様だったが、テスト日の数日後に、M3クーペ/セダンともに、2ペダルMTの「M DCTドライブロジック」(ダブル・クラッチ・トランスミッション)搭載モデルが追加された。


BMW M3セダン(FR/6MT)【試乗記】の画像
2008年6月16日、M3クーペ/セダンには2ペダルMTの「M DCTドライブロジック」仕様が追加された。ツインクラッチ化され、従来のSMGからギアが1段増えて7段になったというから楽しみだ。
2008年6月16日、M3クーペ/セダンには2ペダルMTの「M DCTドライブロジック」仕様が追加された。ツインクラッチ化され、従来のSMGからギアが1段増えて7段になったというから楽しみだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • DTMチャンピオン獲得を記念した「BMW M4クーペ」の限定車が登場 2016.11.14 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月14日、「BMW M4クーペ」の特別仕様車「DTM Champion Edition(チャンピオンエディション)」を25台の台数限定で発売すると発表。同日、注文受け付けを開始した。価格は2051万円。納車は、2017年4月からを予定している。
  • BMW M3/M4に動力性能を高めるオプション登場 2016.4.18 自動車ニュース BMWから「M3セダン」「M4クーペ」の動力性能を高める「コンペティション・パッケージ」が登場。エンジンの最高出力を450psに高めるとともに、サスペンションやトルクベクタリング機構、姿勢制御システムについても独自のチューニングが施される。
ホームへ戻る