2種類のエクスクルーシブ仕様の「アウディA6オールロードクワトロ」

2008.06.30 自動車ニュース

2種類のエクスクルーシブ仕様の「アウディA6オールロードクワトロ」

アウディジャパンは、「A6オールロードクワトロ」に2種類のエクスクルーシブ仕様を設定し、2008年6月26日に限定発売した。車両は、東京表参道にある「アウディ フォーラム東京」を含む10店舗に展示される。

「エクスクルーシブ」プログラムは、アウディのハイパフォーマンスモデルの開発、生産を手がけるアウディ100%子会社「クワトロ GmbH」が担うスペシャルオーダーシステム。内外装のカラーや素材を、多彩なバリエーションのなかから自由に選択できるというものだ。

今回発売したのは、アウディジャパンが自らコーディネイトした特別仕様車。落ち着いたカラーを配した「ラグジュアリーバージョン」とアクティブなカラーの「スポーティバージョン」の2種類で、それぞれにボディカラード マットフィニッシュペイントバンパーなどの主要オプションの他、エクスクルーシブの装備ラインナップのなかから、アウディがセレクトしたオプションを装備する。
販売は、それぞれ5台の計10台となる。

エクスクルーシブ車両の価格と台数の内訳は、以下の通り。
(カッコ内はベース価格)

3.2FSIラグジュアリーバージョン:907万円(799万円)/3台
4.2FSIラグジュアリーバージョン:1164万円(998万円)/2台
3.2FSIスポーティバージョン:977万5000円(799万円)/3台
4.2FSIスポーティバージョン:1159万5000円(998万円)/2台

(webCG ワタナベ)

ラグジュアリーバージョン
ラグジュアリーバージョン
ラグジュアリーバージョンの内装。
ラグジュアリーバージョンの内装。
スポーティバージョンの内装。
スポーティバージョンの内装。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • マツダが新型クロスオーバー「CX-8」の外観を公開 2017.7.25 自動車ニュース マツダは2017年7月25日、年内に発売予定の新型3列シート・クロスオーバーSUV「CX-8」の外観を一部公開した。マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現したという。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る