スバル、2012年のモータースポーツに気合十分【東京オートサロン2012】

2012.01.13 自動車ニュース

【東京オートサロン2012】スバル、2012年のモータースポーツに気合十分

富士重工業は、2012年1月13日に開幕したカスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2012 with NAPAC」に、新型「スバル・インプレッサ」をベースとするコンセプトモデルや、レーシングカーを出展した。

■新たな挑戦と連覇に向けて

最も目立つひな壇に新旧SUPER GT参戦車両を展示し、全体的にモータースポーツへの積極的な取り組みをアピールしたスバル。プレスカンファレンスは、出展車両を紹介するのではなく、STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)の今季モータースポーツ活動の概要を発表するなかで、その参戦車両を紹介するかたちをとった。

同社は今季、「BRZ GT300」でSUPER GTのGT300クラスに参戦する。これまでの「レガシィB4 GT300」からボクサー・ターボ・エンジンを移植。市販型「BRZ」と同じFRレイアウトを採用。ドライバーは山野哲也と佐々木孝太だ。ラリーでは、昨年に引き続き、IRC(インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ)にスバルとしてマニュファクチャラー登録をする。このカテゴリーでは、昨季「インプレッサWRX STI グループR4」を駆りタイトルを獲得した新井敏弘が連覇に挑む。

STIが2008年から出場しているニュルブルクリンク24時間耐久レース(会期:2012年5月17-20日)には、昨年クラス優勝を果たした車両をベースに「S206」の技術を新たに盛り込んだ「インプレッサ」で参戦。車両開発およびチーム監督は辰巳英治。ドライバーは吉田寿博、佐々木孝太、マルセル・エンゲルス、カルロ・バンダムの4名が予定されている。

このほか、市販型「BRZ」のカスタマイズ提案として、カーボンパーツを多用した「STIコンセプト」とプローバが開発した「PROVA BLACK EDITION」もお披露目された。

(文=塩見智)

富士重工業の商品企画本部プロダクトゼネラルマネージャーを務める森宏志氏(写真左から3番目)以下、今年の“スバル・モータースポーツの顔”が勢ぞろいした。
富士重工業の商品企画本部プロダクトゼネラルマネージャーを務める森宏志氏(写真左から3番目)以下、今年の“スバル・モータースポーツの顔”が勢ぞろいした。
壇上には、今季のSUPER GTを戦うレーシングカー「BRZ GT300」が飾られた。
壇上には、今季のSUPER GTを戦うレーシングカー「BRZ GT300」が飾られた。
こちらは、「スバル・インプレッサWRX STI」のグループR4仕様車。
こちらは、「スバル・インプレッサWRX STI」のグループR4仕様車。
ニュルブルクリンク24時間耐久レースの参戦予定車も展示。ボディーカラーは、昨シーズンの白基調からスバルのイメージカラーである青に変更。2年連続のクラス優勝を狙う。「昨年のスバルの優勝がまぐれではなかったこと、そして日本車のすごさを世界に知らしめる」と、辰巳英治監督も力強いコメントを残した。
ニュルブルクリンク24時間耐久レースの参戦予定車も展示。ボディーカラーは、昨シーズンの白基調からスバルのイメージカラーである青に変更。2年連続のクラス優勝を狙う。「昨年のスバルの優勝がまぐれではなかったこと、そして日本車のすごさを世界に知らしめる」と、辰巳英治監督も力強いコメントを残した。
発売間もない新型「インプレッサ」をベースとしたカスタマイズカーも、2台が出展された。写真は、5ドアハッチバックの「スバル・インプレッサスポーツ カスタム」。
発売間もない新型「インプレッサ」をベースとしたカスタマイズカーも、2台が出展された。写真は、5ドアハッチバックの「スバル・インプレッサスポーツ カスタム」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。