トヨタ、「GRMN iQ」の後継モデルなど出展【東京オートサロン2012】

2012.01.13 自動車ニュース
「GRMN iQスーパーチャージャー プロトタイプ」
トヨタ、「iQ GRMN」の後継モデルなど公開【東京オートサロン2011】

【東京オートサロン2012】トヨタ、GRMNとG'sの新たなコンセプトカーを出展

トヨタ自動車はカスタムカーの祭典「東京オートサロン2012 with NAPAC」に、“GAZOO Racing tuned by MN(GRMN)”や“G Sports”のコンセプトカーなど15台の車両を出展した。

「2000GT SOLAR EV」
「2000GT SOLAR EV」
「86 TRDパフォーマンスライン プロトタイプ」
「86 TRDパフォーマンスライン プロトタイプ」
「86 モデリスタバージョン プロトタイプ」
「86 モデリスタバージョン プロトタイプ」

■進化版「GRMN iQ」を再び100台限定発売

トヨタは「GAZOO Racing」としての出展。「I Love Cars!」をテーマに、15台もの車両を出展した。カンファレンスでは派手な演出は見られず、淡々と車両を紹介した。

目玉は2009年に限定100台が販売され、1週間で完売した「iQ GRMN」の発展型となる「iQスーパーチャージャー プロトタイプ」。09年版をベースに、最高出力130ps、最大トルク18.4kgmを発生する1.3リッターのスーパーチャージャーエンジンを搭載。よりアグレッシブな、新たなエアロパーツをまとった。クロスレシオの6段MT、ギア比の低められたデフなどを採用し、足まわりも専用チューンとなる。マイクロカーにいかついブリスターフェンダーという対比が面白い。今年の夏に100台限定で発売する予定。

トヨタ自動車やグループ会社のクルマ好き社員約50人で結成したトヨタ自動車同好会は、「CRAZY CAR PROJECT」と称して「2000GT SOLAR EV」を出展。往年の名車「トヨタ2000GT」のパワートレインをEVにコンバートしたモデルだ。たまたま、あまり程度のよくなかった2000GTをレストアすることになり、どうせなら新しい提案をしようとEV化計画が立てられたという。ボンネットフードにソーラーパネルが貼られ、太陽光充電が可能。200km/hで走行できる。

話題の「86(ハチロク)」は、ボディー剛性をアップさせた「TRDパフォーマンスライン」とドレスアップの提案である「モデリスタバージョン」を披露したほか、ニュルブルクリンク4時間耐久レースの参戦車両も展示した。

(文=塩見智/写真=塩見智、webCG)

「GRMN ヴィッツターボ コンセプト」
「GRMN ヴィッツターボ コンセプト」
「ヴェルファイア G SPORTS コンセプト」
「ヴェルファイア G SPORTS コンセプト」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る