米国メーカーから期待のニューモデルぞくぞく【デトロイトショー2012】

2012.01.14 自動車ニュース
「デトロイトショー2012」の、フォードブース正面。
北米メーカーから期待のニューモデルぞくぞく【デトロイトショー2012】

【デトロイトショー2012】米国メーカーから期待のニューモデルぞくぞく

米国自動車産業の聖地であるデトロイトで1月9日に開幕した北米国際自動車ショー。2012年はなんといっても日本メーカーの活躍が目覚ましかった。しかし、GMやフォード、クライスラーといった地元ビッグスリーのブースもまた、ここ2、3年は見られなかった活気にあふれていた。

クライスラーは「700C」というミニバンのコンセプトカーを出品。次期「ボイジャー」はこんなカタチになるのだろうか。
クライスラーは「700C」というミニバンのコンセプトカーを出品。次期「ボイジャー」はこんなカタチになるのだろうか。
中国で強いビュイック。「アンコール」もおそらく中国でかなり強力な戦力になるはず。オペル版は「モッカ」という名前で販売される。
中国で強いビュイック。「アンコール」もおそらく中国でかなり強力な戦力になるはず。オペル版は「モッカ」という名前で販売される。

■アメリカ勢に復調の兆し

2008年のリーマンショック以降、米国のビッグスリーは業績だけでなく、モーターショーの展示でも低迷が続いていた。ニューモデルの数が多いとか少ないとか、そうした展示の内容以前に、経費カットのためにブースのカーペットや照明が大幅に減らされるなど、出展していること自体が奇跡と思えるような状況だったのである。

その後、業績の回復に比例するように徐々にモーターショーの会場にも華やかさが戻ってきており、今年のデトロイトは、そんな復活の兆しがさらに鮮明になった。
道路を閉鎖して牛をプレスカンファレンスの演出に使ったり、ガラスを突き破ってニューモデルを登場させたりといったリーマンショック以前の派手な演出は一切なくなり、ブース自体も手の込んだものがあまり見られなくなったことから、掛けられるお金が潤沢でないという印象は否めない。しかし、ニューモデルの質そのものは、かなり“回復”した。新しい世代への提案を含め、次の一手はしっかりと示されていた。

ビッグスリーのなかで一番の注目は、商用系のGMCを除いたシボレー、キャデラック、ビュイックの乗用車系3ブランドでニューモデルをお披露目したGMである。
シボレーからは若者に向けて発信した2台のコンパクトスポーツ・コンセプトと「ソニック」のスポーティーグレード「RS」が出展され、キャデラックからは「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」と真っ向勝負のDセグメントFRセダン「ATS」と、昨年のロサンゼルスオートショーでも並べられた「XTS」の市販バージョンがお目見え。ビュイックブランドも、オペルとコラボしたBセグメントのSUV「アンコール」などのニューモデルが見られた。

従来のエモーショナルさを残しつつ、新意匠の縦長ヘッドライトなどで新しさを加えたという「キャデラックATS」。
従来のエモーショナルさを残しつつ、新意匠の縦長ヘッドライトなどで新しさを加えたという「キャデラックATS」。
「シボレーCODE 130R」。おそらく兄貴分の「カマロ」をモチーフにしているのだろうが、「BMW 1シリーズクーペ」にもどことなく似ている!?
「シボレーCODE 130R」。おそらく兄貴分の「カマロ」をモチーフにしているのだろうが、「BMW 1シリーズクーペ」にもどことなく似ている!?
これまでのアメリカ車とは一線を画すデザインの「シボレーTRU 140S」。「CODE 130R」とともにメインターゲットとしている若年層のリサーチは、今後もさらに続けられるようだ。
これまでのアメリカ車とは一線を画すデザインの「シボレーTRU 140S」。「CODE 130R」とともにメインターゲットとしている若年層のリサーチは、今後もさらに続けられるようだ。

■GMは意欲作のオンパレード

これら多くのニューモデルのうち、朝から晩まで取材陣が詰めかけていたのは「キャデラックATS」だ。単独のカメラやビデオだけでなくテレビクルーも多かったので、アメリカではかなり注目度が高いのだろう。

キャデラックはこれまでも「CTS」という「Cクラス」や「3シリーズ」に対抗しうるクルマを持っていたが、ライバルに比べるとひと回り大きいアメリカンサイズのため、地元アメリカでは問題ないものの、欧州をはじめとする他の市場では思ったほどの実績を残すことができなかった。
しかし、「ATS」のボディーサイズは全長4643mm×全幅1805mm×全高1421mm、ホイールベース2775mmと、まさにライバル車とドンピシャ。パワートレインに3.6リッターV6や2.5リッター直4といったアメリカ向きのほかに2リッター直4ターボも設定したあたり、ライバルへの対抗心が感じられる。

シボレーがお披露目した2台のコンセプトカー「CODE 130Rコンセプトクーペ」「TRU 140Sコンセプトクーペ」は、若者のクルマ離れに対してGMが示した“改善策”である。日本ほどではないものの、アメリカでもクルマに興味を示さない若者が増えているのだそうだ。GMは1万人以上の若者にアンケートを採り、その結果を受けて対策を具現したのがこの2台というわけだ。

「カマロ」にも似たプチ・マッスルカー的なスタイリングを持つ「CODE 130R」は全長4.4mのFRスポーツで、「TRU 140S」はワンモーションの流麗なフォルムに仕立てられたFFスポーツ。同じく若者のクルマ離れに歯止めを掛けるべく登場した「サイオンFR-S」(「トヨタ86」の北米市場バージョン)を意識しているのは明確である。「結局、それしかないのか?」という、ややワンパターンな印象は否めないものの、特に「CODE 130R」のような走りの楽しさに訴えるクルマが登場することはクルマ好きとしては歓迎すべきことなのだろう。

「モンデオ」と統合されるからなのか、「フォード・フュージョン」にはかなり欧州色の強いデザインが採用された。
「モンデオ」と統合されるからなのか、「フォード・フュージョン」にはかなり欧州色の強いデザインが採用された。
リンカーンのワールドプレミアは「MKZコンセプト」。「フュージョン」と同じプラットフォームを使う「MKZ」の次期モデルを示唆するクルマだ。
リンカーンのワールドプレミアは「MKZコンセプト」。「フュージョン」と同じプラットフォームを使う「MKZ」の次期モデルを示唆するクルマだ。
盾のグリルが付けばアルファ・ロメオにも見える(?)「クライスラー・ダート」。ベースがアルファ・ロメオだから当たり前か。
盾のグリルが付けばアルファ・ロメオにも見える(?)「クライスラー・ダート」。ベースがアルファ・ロメオだから当たり前か。

■巧みにラインナップ拡大

フォードの主役は、Dセグメントセダン「フュージョン」の新型だ。最近、「エスケープ」と「クーガ」が統合されるなど、米国フォードと欧州フォードの距離が急速に近づいているが、「フュージョン」もまた欧州フォードの「モンデオ」と“バッジ違いの兄弟車”の関係にある。
顔を変えただけの同じクルマを乱造して失敗した過去の経験に加え、統合によるコストダウン効果を見込んでの戦略だと思うが、世界の距離が縮まっているとはいえ、いまだ北米と欧州では趣向が異なるのは事実。果たして、フォードの戦略は吉と出るか凶と出るか? 残念ながらどちらも日本には導入されないので、当面われわれ日本人には関係のないことだが……。

フィアットの傘下で息を吹き返したクライスラーの目玉は、ダッジブランドのコンパクトセダン「ダート」だ。内外装をすっかり変えてしまっているのでわかりにくいが、アルファ・ロメオの「ジュリエッタ」がベースになっている。

これまでランチアのバッジを付けただけのクライスラーや、ダッジとバッジが違うだけのフィアットなど、小手先ばかりの変更で車種を増やしていたが、どうやらそれはあくまでも暫定的なものだったようだ。
おそらく今後は、この方向性でクライスラーおよびフィアット、アルファ・ロメオ、そしてランチアのラインナップを拡充していくことになるのだろう。今までのバッジ違いには明るい未来は見いだせなかったが、これならフィアット&クライスラーの大きな飛躍も決して夢物語ではないかもしれない。“真のダッジらしさ”まで追求しない一般的な日本人には十分ダッジらしく見えるだろうし、クルマ自体の完成度も高いように思われた。

(文と写真=新井一樹)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。