「スズキ・エスクード」がパワフルにマイナーチェンジ

2008.06.27 自動車ニュース

「スズキ・エスクード」がパワフルにマイナーチェンジ

スズキは、本格派SUV「エスクード」をマイナーチェンジ。新エンジンを搭載するなどし、2008年6月26日に発売した。

1988年デビューの「エスクード」は、今年でデビュー20年。3代目の現行型になってからはちょうど3年目で、マイナーチェンジが実施された。

エクステリアは、フロントのバンパーとグリルを変更し、ワイド感や立体感を追求。インテリアでは、メーターに燃費計や航続可能距離などを表示するマルチインフォメーションディスプレイが備わった。

目玉は、エンジンが大きくなったこと。従来の2.7リッターV6(184ps、25.5kgm)に代えて、新開発の3.2リッターV6エンジン(224ps、29.0kgm)を搭載。出力を一気に40ps上乗せした。直4ユニットも、2リッター(145ps、19.7kgm)から2.4リッター(166ps、22.9kgm)になり、パワーアップを果たした。
リアブレーキがドラムからディスクに変わったのもポイントだ。

「快適なオンロード性能と本格オフロード性能に磨きをかけた」という今回のマイチェンでは、プロペラシャフトのジョイントを工夫したり、ドアトリム下部にシールゴムを追加するなどし、静粛性の向上も図った。

シートヒーターやフルオートエアコンといった快適装備や、セキュリティアラーム&イモビライザーの防犯装備は全車標準。クルーズコントロールシステムも、ベーシックグレード「2.4XE」を除き全車に備わった。

価格は、直4モデルが先代からほぼ据え置きの、194万2500円(2.4XE/5MT)から219万4500円(2.4XG/4AT)まで。
V6モデル(3.2XS/5AT)は、先の2.7リッターモデルより10万5000円アップして、262万5000円となっている。

(webCG 関)

「スズキ・エスクード 2.4XG」
「スズキ・エスクード 2.4XG」
新開発の3.2リッターV6エンジン。
新開発の3.2リッターV6エンジン。

「スズキ・エスクード」がパワフルにマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る