「スズキ・エスクード」がパワフルにマイナーチェンジ

2008.06.27 自動車ニュース

「スズキ・エスクード」がパワフルにマイナーチェンジ

スズキは、本格派SUV「エスクード」をマイナーチェンジ。新エンジンを搭載するなどし、2008年6月26日に発売した。

1988年デビューの「エスクード」は、今年でデビュー20年。3代目の現行型になってからはちょうど3年目で、マイナーチェンジが実施された。

エクステリアは、フロントのバンパーとグリルを変更し、ワイド感や立体感を追求。インテリアでは、メーターに燃費計や航続可能距離などを表示するマルチインフォメーションディスプレイが備わった。

目玉は、エンジンが大きくなったこと。従来の2.7リッターV6(184ps、25.5kgm)に代えて、新開発の3.2リッターV6エンジン(224ps、29.0kgm)を搭載。出力を一気に40ps上乗せした。直4ユニットも、2リッター(145ps、19.7kgm)から2.4リッター(166ps、22.9kgm)になり、パワーアップを果たした。
リアブレーキがドラムからディスクに変わったのもポイントだ。

「快適なオンロード性能と本格オフロード性能に磨きをかけた」という今回のマイチェンでは、プロペラシャフトのジョイントを工夫したり、ドアトリム下部にシールゴムを追加するなどし、静粛性の向上も図った。

シートヒーターやフルオートエアコンといった快適装備や、セキュリティアラーム&イモビライザーの防犯装備は全車標準。クルーズコントロールシステムも、ベーシックグレード「2.4XE」を除き全車に備わった。

価格は、直4モデルが先代からほぼ据え置きの、194万2500円(2.4XE/5MT)から219万4500円(2.4XG/4AT)まで。
V6モデル(3.2XS/5AT)は、先の2.7リッターモデルより10万5000円アップして、262万5000円となっている。

(webCG 関)

「スズキ・エスクード 2.4XG」
「スズキ・エスクード 2.4XG」
新開発の3.2リッターV6エンジン。
新開発の3.2リッターV6エンジン。

「スズキ・エスクード」がパワフルにマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る