「スズキ・エスクード」がパワフルにマイナーチェンジ

2008.06.27 自動車ニュース

「スズキ・エスクード」がパワフルにマイナーチェンジ

スズキは、本格派SUV「エスクード」をマイナーチェンジ。新エンジンを搭載するなどし、2008年6月26日に発売した。

1988年デビューの「エスクード」は、今年でデビュー20年。3代目の現行型になってからはちょうど3年目で、マイナーチェンジが実施された。

エクステリアは、フロントのバンパーとグリルを変更し、ワイド感や立体感を追求。インテリアでは、メーターに燃費計や航続可能距離などを表示するマルチインフォメーションディスプレイが備わった。

目玉は、エンジンが大きくなったこと。従来の2.7リッターV6(184ps、25.5kgm)に代えて、新開発の3.2リッターV6エンジン(224ps、29.0kgm)を搭載。出力を一気に40ps上乗せした。直4ユニットも、2リッター(145ps、19.7kgm)から2.4リッター(166ps、22.9kgm)になり、パワーアップを果たした。
リアブレーキがドラムからディスクに変わったのもポイントだ。

「快適なオンロード性能と本格オフロード性能に磨きをかけた」という今回のマイチェンでは、プロペラシャフトのジョイントを工夫したり、ドアトリム下部にシールゴムを追加するなどし、静粛性の向上も図った。

シートヒーターやフルオートエアコンといった快適装備や、セキュリティアラーム&イモビライザーの防犯装備は全車標準。クルーズコントロールシステムも、ベーシックグレード「2.4XE」を除き全車に備わった。

価格は、直4モデルが先代からほぼ据え置きの、194万2500円(2.4XE/5MT)から219万4500円(2.4XG/4AT)まで。
V6モデル(3.2XS/5AT)は、先の2.7リッターモデルより10万5000円アップして、262万5000円となっている。

(webCG 関)

「スズキ・エスクード 2.4XG」
「スズキ・エスクード 2.4XG」
新開発の3.2リッターV6エンジン。
新開発の3.2リッターV6エンジン。

「スズキ・エスクード」がパワフルにマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
  • スズキ・エスクード 2015.10.15 画像・写真 スズキは2015年10月15日、コンパクトSUVの新型「エスクード」を発売した。FFベースのプラットフォームに1.6リッター直4エンジンを搭載しており、駆動方式にはFFとフルタイム4WDの2種類を用意。ハンガリーで生産される欧州生まれのニューモデルを写真で紹介する。
  • 「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車NEW 2016.12.8 自動車ニュース スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ バンディット」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシートなどが採用された内外装が特徴となっている。
ホームへ戻る