第363回:久々、クルマと全くカンケーない話題
 日本人よ“KY”を恐れるな!

2008.06.26 エッセイ

第363回:久々、クルマと全くカンケーない話題 日本人よ“KY”を恐れるな!


人と違うことをやるのはおかしいことじゃない

人と違うことをやるのはおかしいことじゃない

『EURO2008』以上にクルマに全くカンケーのないおハナシを。

前々から思ってたんだけど、俺はどうにもちょっと前に流行った“KY”って表現が苦手だ。どっか違う気がする。流行りも終わりかけてるようだけど、先日知り合いがまだ使ってたんであえて……。

「空気が読めない」ってようするに「気が利かない」とか「無神経」みたいな意味だと思うんだけど、“いい意味で無神経”って確実にあると思うんだよね。人がなんといおうヤル! 人が疲れたと言ってもがんばる! そこらへんが一緒くたにされてる気がする。

KYの一例で「みんなは早く帰りたがってるのにずっと飲んでる上司」ってのがあったけど、これは基本的には強制しなきゃいいだけの話。KYというより、コミュニケーションの問題だと思う。帰りたい奴は帰ればいい。もちろん、それがしにくい集団や会社もあると思うけど……。
なかでも俺がよくないと思うのは、「KY」を嫌うがあまり、今まで以上に「無難」をモットーとする人が増えることだ。特に若い人にね。

「人がどう思うがヤルといったらヤル」がなかったら本田宗一郎だって、豊田佐吉だって生まれなかった。人と違うことをやるのは、別におかしいことでもなんでもなく、時には立派な発明に繋がることもある。もちろん、単に人と違ってみえたいだけのスタンドプレーもどうかと思うけどね。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』