「フィアット500」に新グレード「1.4 16V LOUNGE」登場

2008.06.25 自動車ニュース

「フィアット500」に新グレード「1.4 16V LOUNGE」登場

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、「フィアット500」に新グレード「1.4 16V LOUNGE(ラウンジ)」を追加し、2008年6月28日に予約受け付けを開始する。

■「装備」と「パワー」を備えた最上級グレード

新たに仲間入りする「1.4 16V ラウンジ」は、1.4リッターエンジン搭載の上級グレードだ。フィアット500のラインナップには、「1.2 8V ラウンジ」(69ps)と「1.4 16V ポップ」(100ps)があり、前者は装備を充実させたモデル。後者はエンジンパワーにゆとりがあるモデルという具合に分けられる。ユーザーはこれまでは「装備」をとるか「パワー」をとるかの選択を迫られたわけだが、その両方を備えているのが、「1.4 16V ラウンジ」ということになる。

装備面では、1.2 8V ラウンジ同様に、クローム仕上げキット、15インチアルミホイール、ガラスサンルーフ、LOUNGE仕様シートを備えるほか、同モデルならではの標準装備としてフォグランプ、フルオートエアコン、リアパーキングセンサーがつく。

エンジンは、最高出力100ps/6000rpm、最大トルク13.4kgm/4250rpmを発生。10.15モード燃費は13.8km/リッターをマークする。組み合わされるトランスミッションは、全車共通の5段シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」。右ハンドル仕様となる。

なお、デリバリー開始は、9月が予定されている。

今回追加した「1.4 16V ラウンジ」の価格は250.0万円。ちなみに、「1.2 8V ラウンジ」は225.0万円、「1.4 16V ポップ」は222.0万円。

(webCG 曽宮)


「フィアット500」に新グレード「1.4 16V LOUNGE」登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
ホームへ戻る