「フィアット500」に新グレード「1.4 16V LOUNGE」登場

2008.06.25 自動車ニュース

「フィアット500」に新グレード「1.4 16V LOUNGE」登場

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、「フィアット500」に新グレード「1.4 16V LOUNGE(ラウンジ)」を追加し、2008年6月28日に予約受け付けを開始する。

■「装備」と「パワー」を備えた最上級グレード

新たに仲間入りする「1.4 16V ラウンジ」は、1.4リッターエンジン搭載の上級グレードだ。フィアット500のラインナップには、「1.2 8V ラウンジ」(69ps)と「1.4 16V ポップ」(100ps)があり、前者は装備を充実させたモデル。後者はエンジンパワーにゆとりがあるモデルという具合に分けられる。ユーザーはこれまでは「装備」をとるか「パワー」をとるかの選択を迫られたわけだが、その両方を備えているのが、「1.4 16V ラウンジ」ということになる。

装備面では、1.2 8V ラウンジ同様に、クローム仕上げキット、15インチアルミホイール、ガラスサンルーフ、LOUNGE仕様シートを備えるほか、同モデルならではの標準装備としてフォグランプ、フルオートエアコン、リアパーキングセンサーがつく。

エンジンは、最高出力100ps/6000rpm、最大トルク13.4kgm/4250rpmを発生。10.15モード燃費は13.8km/リッターをマークする。組み合わされるトランスミッションは、全車共通の5段シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」。右ハンドル仕様となる。

なお、デリバリー開始は、9月が予定されている。

今回追加した「1.4 16V ラウンジ」の価格は250.0万円。ちなみに、「1.2 8V ラウンジ」は225.0万円、「1.4 16V ポップ」は222.0万円。

(webCG 曽宮)


「フィアット500」に新グレード「1.4 16V LOUNGE」登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その20) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。アルファ・ロメオのブースを画像で紹介する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る