「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場

2008.06.25 自動車ニュース

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場

クライスラー日本はクライスラーのフラッグシップセダン「300C」の2008年モデルを2008年6月20日に発表。6月21日から販売を開始した。

2008年もラインナップは変わらず、3.5リッターV6モデル「3.5」(右ハンドル/5AT)と、5.7リッターV8モデル「5.7 HEMI」(左/右ハンドル/5AT)、6.1リッターV8モデル「SRT8」(右ハンドル/5AT)の3グレード。

主な変更点は、内外装のリフレッシュ。エクステリアではテールランプのデザインに手が加えられたほか、トランクリッドにスポイラーやハイマウントストップランプを装着。ホイールやフロントドアバッジなどのデザインが変更された。

インテリアでは、インパネやセンターコンソールに新デザインを採用。コンソールベゼルやグローブボックスにも各グレードごとに素材が変更された。インテリアカラーは、全モデルダークスレートグレーとなる。

今回3.5モデルでは、ファブリックシートとDVDプレーヤーを標準装備し、レザーシートとHDDナビゲーションシステムはセットオプションとした。

安全面では新たにフロントシードサイドカーテンエアバッグを標準採用し、大きなボディを併せ持つ同車の安全性をアピールしている。

価格は、「3.5」が478万2750円、「3.5(レザーシート及びHDDナビ付)」は522万3750円、「5.7 HEMI」が633万1500円、「SRT8」は738万1500円となる。

(webCG 玉城)


「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.18 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    モデルチェンジを受けたクライスラーのフラッグシップセダン「300」が上陸した。フィアット傘下でアメリカンフルサイズはどう生まれ変わったのか。
ホームへ戻る