「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場

2008.06.25 自動車ニュース

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場

クライスラー日本はクライスラーのフラッグシップセダン「300C」の2008年モデルを2008年6月20日に発表。6月21日から販売を開始した。

2008年もラインナップは変わらず、3.5リッターV6モデル「3.5」(右ハンドル/5AT)と、5.7リッターV8モデル「5.7 HEMI」(左/右ハンドル/5AT)、6.1リッターV8モデル「SRT8」(右ハンドル/5AT)の3グレード。

主な変更点は、内外装のリフレッシュ。エクステリアではテールランプのデザインに手が加えられたほか、トランクリッドにスポイラーやハイマウントストップランプを装着。ホイールやフロントドアバッジなどのデザインが変更された。

インテリアでは、インパネやセンターコンソールに新デザインを採用。コンソールベゼルやグローブボックスにも各グレードごとに素材が変更された。インテリアカラーは、全モデルダークスレートグレーとなる。

今回3.5モデルでは、ファブリックシートとDVDプレーヤーを標準装備し、レザーシートとHDDナビゲーションシステムはセットオプションとした。

安全面では新たにフロントシードサイドカーテンエアバッグを標準採用し、大きなボディを併せ持つ同車の安全性をアピールしている。

価格は、「3.5」が478万2750円、「3.5(レザーシート及びHDDナビ付)」は522万3750円、「5.7 HEMI」が633万1500円、「SRT8」は738万1500円となる。

(webCG 玉城)


「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

300Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • 「クライスラー300S」にラグジュアリーな限定車 2016.9.12 自動車ニュース FCAジャパンは2016年9月12日、「300S」の20台限定モデル「クライスラー300Sアロイエディション」を発表し、販売を開始した。専用フロアマットやアルミホイールなど、内外装に特別装備が装着されている。
  • クライスラー300がマイナーチェンジ 2015.10.6 自動車ニュース FCAジャパンが4ドアセダンの「クライスラー300」をマイナーチェンジ。内外装の一部のデザインを変更し、ダイヤル式のシフトセレクターを全車に採用した。装備の強化も図っており、前走車追従機能付きクルーズコントロールや車線逸脱防止機能が標準採用とした。
  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
ホームへ戻る