「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場

2008.06.25 自動車ニュース

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場

クライスラー日本はクライスラーのフラッグシップセダン「300C」の2008年モデルを2008年6月20日に発表。6月21日から販売を開始した。

2008年もラインナップは変わらず、3.5リッターV6モデル「3.5」(右ハンドル/5AT)と、5.7リッターV8モデル「5.7 HEMI」(左/右ハンドル/5AT)、6.1リッターV8モデル「SRT8」(右ハンドル/5AT)の3グレード。

主な変更点は、内外装のリフレッシュ。エクステリアではテールランプのデザインに手が加えられたほか、トランクリッドにスポイラーやハイマウントストップランプを装着。ホイールやフロントドアバッジなどのデザインが変更された。

インテリアでは、インパネやセンターコンソールに新デザインを採用。コンソールベゼルやグローブボックスにも各グレードごとに素材が変更された。インテリアカラーは、全モデルダークスレートグレーとなる。

今回3.5モデルでは、ファブリックシートとDVDプレーヤーを標準装備し、レザーシートとHDDナビゲーションシステムはセットオプションとした。

安全面では新たにフロントシードサイドカーテンエアバッグを標準採用し、大きなボディを併せ持つ同車の安全性をアピールしている。

価格は、「3.5」が478万2750円、「3.5(レザーシート及びHDDナビ付)」は522万3750円、「5.7 HEMI」が633万1500円、「SRT8」は738万1500円となる。

(webCG 玉城)


「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

300Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る