【スペック】SL63AMG:全長×全幅×全高=4600×1820×1300mm/ホイールベース=2560mm/車重=1990kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(525ps/6800rpm、64.2kgm/5200rpm)/価格=1910.0万円(テスト車=1971.0万円/カーボンエクステリアパッケージ=61.0万円)

メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)/SL350(FR/7AT)【試乗速報】

メルセデスの意気込み 2008.06.25 試乗記 メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)/SL350(FR/7AT)
……1971.0万円/1190.0万円

フロントグリルを大きく変更。エンジンの改良と快適・安全装備の追加も受け、新しくなった「SLクラス」。「SL350」と新設定されたAMGバージョンで、マイナーチェンジの効果を検証する。

大胆に変身!

ナマで見るニュー「SLクラス」は、写真の印象とはずいぶん違う。ひと言で表現すると実に精悍! スリーポインテッドスターから左右に広がる一本ルーバーのフロントグリルに、キツイ目つきのヘッドライトが組み合わされたフロントマスク。旧型の面影はなく、本当はマイナーチェンジなのに、フルモデルチェンジといったらおそらくほとんどの人が信じるだろうなぁと思えるくらい、見事なイメージチェンジを遂げているのだ。
一本ルーバーに加えて、エラ状のサイドエアアウトレットやボンネットに伸びる2本のラインなどは、往年のガルウィング「300SL」をイメージしたもので、伝統と革新とを融合して生まれた新しいスタイルだ。

トランクリッドやテールランプの形に見覚えのあるリアスタイルも、ディフューザーデザインのリアスカートが加わったことで、迫力が格段にアップした。ディフューザー部分がブラックのAMGモデルは、スポーティさがさらに際だっている。

「R230」と呼ばれる現行SLクラスが登場したのは2001年のこと。7年目の今年、ようやくマイナーチェンジを迎え、エクステリアばかりかその中身も、フルモデルチェンジに迫るくらい大胆に変身。モデルサイクルの長いSLクラスだけに、後半戦にかける意気込みが伝わってくる。

「SL350」のリアビュー。バンパー下方には、ディフューザーのラインが与えられた。
「SL350」のリアビュー。バンパー下方には、ディフューザーのラインが与えられた。
「SL63AMG」(手前)と「SL350」
「SL63AMG」(手前)と「SL350」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランボルギーニ・ウラカン スパイダー(前編) 2017.2.9 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ランボルギーニ ウラカン スパイダー」。「昔のランボは運転するのが怖かった」と告白する谷口。では最新のランボは谷口の手にどんな感触を残したのだろうか。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る