【スペック】SL63AMG:全長×全幅×全高=4600×1820×1300mm/ホイールベース=2560mm/車重=1990kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(525ps/6800rpm、64.2kgm/5200rpm)/価格=1910.0万円(テスト車=1971.0万円/カーボンエクステリアパッケージ=61.0万円)

メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)/SL350(FR/7AT)【試乗速報】

メルセデスの意気込み 2008.06.25 試乗記 メルセデス・ベンツSL63AMG(FR/7AT)/SL350(FR/7AT)
……1971.0万円/1190.0万円

フロントグリルを大きく変更。エンジンの改良と快適・安全装備の追加も受け、新しくなった「SLクラス」。「SL350」と新設定されたAMGバージョンで、マイナーチェンジの効果を検証する。

大胆に変身!

ナマで見るニュー「SLクラス」は、写真の印象とはずいぶん違う。ひと言で表現すると実に精悍! スリーポインテッドスターから左右に広がる一本ルーバーのフロントグリルに、キツイ目つきのヘッドライトが組み合わされたフロントマスク。旧型の面影はなく、本当はマイナーチェンジなのに、フルモデルチェンジといったらおそらくほとんどの人が信じるだろうなぁと思えるくらい、見事なイメージチェンジを遂げているのだ。
一本ルーバーに加えて、エラ状のサイドエアアウトレットやボンネットに伸びる2本のラインなどは、往年のガルウィング「300SL」をイメージしたもので、伝統と革新とを融合して生まれた新しいスタイルだ。

トランクリッドやテールランプの形に見覚えのあるリアスタイルも、ディフューザーデザインのリアスカートが加わったことで、迫力が格段にアップした。ディフューザー部分がブラックのAMGモデルは、スポーティさがさらに際だっている。

「R230」と呼ばれる現行SLクラスが登場したのは2001年のこと。7年目の今年、ようやくマイナーチェンジを迎え、エクステリアばかりかその中身も、フルモデルチェンジに迫るくらい大胆に変身。モデルサイクルの長いSLクラスだけに、後半戦にかける意気込みが伝わってくる。

「SL350」のリアビュー。バンパー下方には、ディフューザーのラインが与えられた。
「SL350」のリアビュー。バンパー下方には、ディフューザーのラインが与えられた。
「SL63AMG」(手前)と「SL350」
「SL63AMG」(手前)と「SL350」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始 2017.4.5 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年4月5日、「ランドローバー・ディスカバリー」の特別仕様車「ディスカバリー ファーストエディション」の受注を開始した。同年4月17日まで注文を受け付けた後、抽選を経て30台限定で販売する。
ホームへ戻る