独VW、新型「シロッコ」をまもなく発売

2008.06.23 自動車ニュース

独VW、新型シロッコをまもなく発売

独VW、新型「シロッコ」をまもなく発売

独フォルクスワーゲンが、新型2ドアクーペ「シロッコ」を2008年夏にヨーロッパに投入すると発表した。日本導入は……。

初代「シロッコ」(写真左)とツーショット。
初代「シロッコ」(写真左)とツーショット。

独VW、新型「シロッコ」をまもなく発売の画像

独VW、新型「シロッコ」をまもなく発売の画像

■フォルクスワーゲンの新世代マスクを採用

シロッコは、初代が1973年のジュネーブショーで発表され、1989年まで2世代にわたり生産された2ドアクーペモデル。ジウジアーロの手によるウェッジシェイプ・デザインが好評を博し、約80万人の顧客の手に渡る人気モデルとなった。

そのシロッコが、約20年ぶりに復活! 2008年3月のジュネーブショーで華々しい復活を飾った“3代目シロッコ”は、ヨーロッパでは2008年8月から販売が開始される予定。このたびドイツ本国のフォルクスワーゲンが、その概要を一部公開した。

新型シロッコでは、ジウジアーロが手掛けた当時のモデルと異なり、ワルター・ダ・シルヴァ率いるフォルクスワーゲンの社内デザイナーによる作。丸みを帯びたスタイリングには、初代や2代目の面影こそないものの、ゴルフのプラットフォームをベースにスタイリッシュな2ドアクーペボディを組み合わせた成り立ちは、歴代モデルと同じ。

ちなみにシロッコに採用されたフロントマスクのデザインは、今後のフォルクスワーゲン車のデザインを示唆するものだという。


独VW、新型「シロッコ」をまもなく発売の画像

独VW、新型「シロッコ」をまもなく発売の画像

■日本導入は2009年5月

ボディサイズは、全長4256mm×全幅1810mm×全高1404mmで、ホイールベースは2578mm。ゴルフと比べると、約50mm長く、50mmワイドで、115mm低い。後席は、2人掛けのバケットシートタイプで、左右別々に格納が可能。大人でも十分にくつろげるスペースを確保したと謳われる。荷室容量は292リットルと少なめだが、後席を格納すると最大755リットルまで拡大できる。

エンジンは、1.4リッター(122ps)、1.8リッター(160ps)、2リッター(200ps)の3種類のガソリンTSI(直噴ターボ)と、140ps、170psのディーゼルTDIが設定される。 発売時期は、ドイツやイギリスでは8月末、その他のヨーロッパでは11月の予定。日本導入は、2009年5月の予定だ!

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シロッコの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る