第362回:コージ初潜入、コンチドローム!
 クルマは「楽しく」作らないとね

2008.06.23 エッセイ

第362回:コージ初潜入、コンチドローム! クルマは「楽しく」作らないとね

ウェット路面は世界の基準

さてさてタイヤショップを取材した後、俺達が向かったのは、世界的に有名な自動車開発用テストコース、コンチネンタル所有のコンチドロームだ。ここは1967年にできたトラックで、最大傾斜角58度のとんでもないバンク角を持つ2.8kmの高速周回路で有名。最高220km/hでのテスト走行が可能で、もともとは60年代にアウトバーンの交通量が増えすぎてテストに使えなくなり、コンチが考えた苦肉の策らしい。その後、日本はもちろん、世界のテストコースのひな型にもなっており、現在はコンチのみならずメルセデス、BMW、VWはもちろん、アストン・マーティンやフェラーリ、トヨタや日産など、ありとあらゆるメーカーが使っている。言わば“テストコースのメッカ”みたいなとこなのよ。

なかでもそのウェットテスト路面はレイアウト、路面サーフェスを含め、世界のマザートラック、つまりウェット性能を試す上での基準になってるそう。たしかにそういうオーラを放っておりました。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』