クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4635×1855×1375mm/ホイールベース=2750mm/車重=1750kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(354ps/7000rpm、44.9kgm/3500rpm)/価格=861.0万円(テスト車=883.0万円/アダプティブクルーズコントロール=22.0万円)

アウディS5 4.2FSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】

大人の高性能クーペの逸品 2008.06.23 試乗記 アウディS5 4.2FSI クワトロ(4WD/6AT)
……883.0万円

「アウディA5」のハイパフォーマンスバージョン、「S5」。流麗なボディに高出力エンジンを組み合わせ、どんなクルマに仕上がったのか?

機能に裏付けられたエレガンス

その美しさは、単に巧みな造形のみによってもたらされているわけではない。アウディS5が美しいのは、その流麗なフォルムの向こう側に優れた機能が透けて見えるからだ。

古典的なクーペの文脈を踏まえながら、プロポーションを現代的なものと感じさせるA5/S5の短い前後のオーバーハングは、前輪位置を前に出すことで、相対的なエンジン搭載位置を後ろに下げた結果である。手の込んだ凹面のプレスで描かれたフェンダーラインは、実は4輪のホイールアーチを強調するもの。クワトロの4輪で大地を蹴るさまをかたちに表している。
アウディといえば、これまでもそのデザインは機能に裏付けされたものではあったと言える。しかし、それをここまでエレガンスと強く結びつけるとは……。何度見ても感心し、見入ってしまう力が、その外観には宿っているのだ。

S5にはさらに、専用のグリル、前後バンパー、スポイラー形状のトランクリッドにシルバー塗装のミラーなどが与えられているが、いずれもその姿にすんなり溶け込み、それでいてどこか特別な雰囲気をも匂わせる。そして実際、その走りっぷりも期待を裏切らない仕上がりとなっている。


アウディS5 4.2FSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
アウディS5 4.2FSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
クリックすると、トランクルームの様子がアニメーションでごらんいただけます。
クリックすると、トランクルームの様子がアニメーションでごらんいただけます。 拡大

コントロールの懐が深い

まず乗り手を刺激してくるのは、最高出力354psを発生する4.2リッターユニットが奏でる、いかにもV型8気筒らしい迫力に満ちたサウンドだ。6段ATとの組み合わせということもあり、低速域でのピックアップはそれほどでもない。しかし、それを良いことにアクセルを開けていくと4000rpmあたりから力がもりもりと涌き出しサウンドはどんどん澄んできて、6500rpmからトップエンドにかけては抜けるような快音を響かせてくれる。
さすがにRS4のようなメリハリはないが、パワーとサウンドは十分いい気分にさせてくれる。特にSレンジでマニュアル変速すると、シフトダウン時には軽快なブリッピングまで入り、気分を大いに昂揚させるのである。

フットワークも秀逸だ。前後重量配分の適正化や前後40:60の駆動トルク配分などの効果によって、A5はそもそも従来のアウディとは別物の心地良いターンイン、そして脱出時の気持ち良い弱アンダーステア特性を実現している。そのうえ専用サスペンションを奢り、ボディが補強されているS5は、さらにコントロールの懐が深い。たとえばブレーキを残しぎみにしてコーナーに進入すれば、弱いアンダーステアをさらに軽減することができたりと、速く安定しているだけでなく、操る醍醐味を堪能させてくれるのだ。

不満はギア比可変ステアリングのせいもあって、やや人工的なステアリングフィールぐらい。しかし、標準装備のアウディドライブセレクトを「AUTO」や「COMFORT」から「DYNAMIC」に切り換えると、少し重めで且つしっとりとした手応えを得ることができる。操舵力やサスペンションなどのセッティングは、ほかにも任意で設定して「INDIVIDUAL」として記憶させることも可能。基本が大きく変わるわけではないが、最後の塩加減を調整するがごとく、自分好みの味つけを記憶させておけるのはありがたい。

右ハンドル化による弊害は……

乗り心地は、19インチタイヤを履くこともあって、いずれのモードでも決してソフトではない。しかしボディがガッチリしていて、しかも大入力に対してはそれなりにしなやかに受け止めてくれることもあって、不快とはまったく思わなかった。

乗車感についてもう一点。このS5をはじめA4/A5系の右ハンドル仕様は、前輪の位置を前に出すためにトランスファーが左足の置き場にまで張り出している。メディアでの好評価を聞き、試乗に行ったものの、その違和感に購入を諦めたという声をいくつか耳にしていたので、今回はそのあたりも十分チェックした。

たしかに座ってすぐは足元の狭さ、というか左足が動かせないという閉塞感を覚える。しかしシートとステアリング、ペダルなどの位置関係は適切で、実際は身体が相当大きいのでない限りは身体を捩らなければならないわけではないし、走り出してしまえば左足はほとんど使わないこともあり、張り出しのことを意識させられることはまったくなかった。短時間の試乗でこそ逆に気になるというのはよくわかるが、じきに「慣れる」のではなく「問題なくなる」と思う。改善してほしいのは、むしろフットレストと2つのペダルの高さが合っていないことのほうだ。

見て走らせて、これだけ気持ちの良いクルマなのだ。最初の違和感だけで遠ざけてしまうとしたらもったいない。このS5、直感で気に入ったならば、手に入れてもきっと後悔しない。大人のための高性能クーペの逸品である。

(文=島下泰久/写真=荒川正幸)


アウディS5 4.2FSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
S5には、14スピーカーをそろえるB&O製のサウンドシステムが標準装備される。
S5には、14スピーカーをそろえるB&O製のサウンドシステムが標準装備される。 拡大

アウディS5 4.2FSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大