【スペック】全長×全幅×全高=4635×1855×1375mm/ホイールベース=2750mm/車重=1750kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(354ps/7000rpm、44.9kgm/3500rpm)/価格=861.0万円(テスト車=883.0万円/アダプティブクルーズコントロール=22.0万円)

アウディS5 4.2FSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】

大人の高性能クーペの逸品 2008.06.23 試乗記 アウディS5 4.2FSI クワトロ(4WD/6AT)
……883.0万円

「アウディA5」のハイパフォーマンスバージョン、「S5」。流麗なボディに高出力エンジンを組み合わせ、どんなクルマに仕上がったのか?

機能に裏付けられたエレガンス

その美しさは、単に巧みな造形のみによってもたらされているわけではない。アウディS5が美しいのは、その流麗なフォルムの向こう側に優れた機能が透けて見えるからだ。

古典的なクーペの文脈を踏まえながら、プロポーションを現代的なものと感じさせるA5/S5の短い前後のオーバーハングは、前輪位置を前に出すことで、相対的なエンジン搭載位置を後ろに下げた結果である。手の込んだ凹面のプレスで描かれたフェンダーラインは、実は4輪のホイールアーチを強調するもの。クワトロの4輪で大地を蹴るさまをかたちに表している。
アウディといえば、これまでもそのデザインは機能に裏付けされたものではあったと言える。しかし、それをここまでエレガンスと強く結びつけるとは……。何度見ても感心し、見入ってしまう力が、その外観には宿っているのだ。

S5にはさらに、専用のグリル、前後バンパー、スポイラー形状のトランクリッドにシルバー塗装のミラーなどが与えられているが、いずれもその姿にすんなり溶け込み、それでいてどこか特別な雰囲気をも匂わせる。そして実際、その走りっぷりも期待を裏切らない仕上がりとなっている。


アウディS5 4.2FSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】の画像
アウディS5 4.2FSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】の画像
クリックすると、トランクルームの様子がアニメーションでごらんいただけます。
クリックすると、トランクルームの様子がアニメーションでごらんいただけます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アウディRS 5/S5クーペ/S5スポーツバック【試乗記】 2012.8.26 試乗記 アウディRS 5(4WD/7AT)/S5クーペ(4WD/7AT)/S5スポーツバック(4WD/7AT) ……1308万6000円/909万円/894万円

    アウディのハイパフォーマンスモデル「RS 5」がマイナーチェンジを受け、日本に上陸。富士スピードウェイで行われた試乗会で、“超”スポーツクーペはどんなパフォーマンスを見せたのか??
  • アウディの新型高性能モデル「RS 3セダン」登場NEW 2017.3.28 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年3月28日、コンパクトセダンの高性能モデル「アウディRS 3セダン」を発表した。価格は785万円。同年7月上旬に、販売を開始する。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る