ピレリのエコタイヤ「チントゥラート」8月から販売開始

2008.06.19 自動車ニュース

ピレリのエコタイヤ「チントゥラート」8月から販売開始

ピレリジャパンは、環境に配慮したエコタイヤ「Cinturato(チントゥラート)」を、2008年8月から日本に導入すると発表した。

「ピレリ・チントゥラート」は、30年以上前にはF1参戦車両に用いられたこともある、由緒ある高性能タイヤのブランド。一時期ラインナップから消えていたこの名前が、環境配慮タイヤとして復活。中・小型車用に、トレッドパターンの違いで「チントゥラートP4」「チントゥラートP6」の2種類が用意され、このたび発表となった。

構造、材料、トレッドパターンを見直すことで、従来品(それぞれ「P3000」「P6000 Powergy」)に比べ、タイヤの転がり抵抗を20%削減したと謳われる。
また同時に、ブレーキ制動距離の短縮と、タイヤライフ性能の向上も実現されたという。

発売予定サイズは「チントゥラートP4」が60から80シリーズまでの26サイズ、「チントゥラートP6」が55から65シリーズまでの7サイズ。すべてオープン価格となり、2008年8月から販売を開始する。

(webCG 本諏訪)

ピレリ・チントゥラートP4
ピレリ・チントゥラートP4

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。