ホンダ、インドで初めて「シビック・ハイブリッド」を販売

2008.06.19 自動車ニュース

ホンダ、インドで初めて「シビック・ハイブリッド」を販売

本田技研工業は2008年6月18日、今月末からインドで「シビック・ハイブリッド」の販売を開始すると発表した。

「シビック・ハイブリッド」は、気筒休止を含む3段階でバルブ制御を行う「1.3リッター3ステージi-VTECエンジン」と、IMA(インテグレーテッドモーターアシスト)を組み合わせた、ホンダの低燃費モデル。
2001年の発売以来、2008年4月末までに世界で21万台以上を販売。世界的に低燃費車への需要が拡大するなか、インド市場では初の販売となる。

生産は日本の鈴鹿製作所。現地での販売価格は215万ルピー(邦貨にして約540万円)となっている。
ちなみに、同車の日本国内価格は、228万9000円〜258万3000円。

(webCG 関)

ホンダ・シビック・ハイブリッド
ホンダ・シビック・ハイブリッド

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • 復活したホンダのビッグネーム
    新型「シビック」に注目せよ!
    2017.11.24 デイリーコラム 2017年9月に発売された10代目「ホンダ・シビック」。ベテランなら誰もが知る車名だが、日本市場での販売はいったん途絶えており、久々の復活となる。そんな新型の存在意義について、鈴木ケンイチが語る。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る